文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

18日(水)夜6時半から、直木賞の“朗報を待つ会”を文校教室で開きます。

木下昌輝さん(文校修了生)の時代小説『宇喜多の楽土』(文藝春秋)がノミネートされている第159回直木三十五賞の選考会が、18日(水)東京でおこなわれます。木下さんは東京に行かれるので、不在のなかですが、その18日の夜6時半から文校教室で、木下さんの受賞という「朗報を待つ会」を開きます。
直木賞および芥川賞の選考の様子(スタジオでの批評家たちの予想、受賞者会見)を毎回中継しているネットの“ニコニコ動画”を、スクーリンに拡大して見守る予定です。
関心のある文校生およびOBなど関係者なら、だれでも参加できます。

木下さん(2010年10月から14年3月まで在籍)にとっては、3年半前の『宇喜多の捨て嫁』(文藝春秋)、1年前の『敵の名は、宮本武蔵』(KADOKAWA)につづく3度目の直木賞ノミネートであり、今度こそは、と期待が高まります。
木下さんが直木賞を受賞すれば、文校から朝井まかてさん以来、4年半ぶり。

6/20文校ブログ参照。

(大阪文学学校事務局・小原)

夏季合宿、元気に行ってきます。(学生委員会・窪野さん/談) ●通教部提出作、きょう7名から。

学生委員会委員長・兼イベント部キャップの窪野さんによると、あした・あさっての2018年夏季合宿in奈良の最終的な参加者は34名(うち宿泊22名)になるそうです。チューター陣から津木林、川上、冨上、森口の諸氏、そして事務局の小原も参加します。
集合時間・場所、分科会、持ち物などについては、6/28文校ブログで再確認してください。
急なキャンセルなどの場合は、窪野さんまたは南さんの携帯、もしくは奈良ユースホステルへ連絡してください。
(キャンセル料が発生する場合があります)

●合宿には参加しないものの、植さん(夜・小原クラス)から合宿への差し入れがありました。生酒1本。

●通教部の18年度春期第2回提出作品の締切は一応、6月30日(土)でした。
それ以降にとどいた場合、9/9スクーリングのテキストとなる通教部作品集(『樹林』9月号)の掲載対象からははずれますが、最終的には2週おくれの今日(14日・土曜)まで受け付け、担当講師からアドバイス批評(個別評)は得られます。「文校ニュース」作品評にも載りますし、9/8~9のプレ・スクーリングに作品を提出することもできます。

きのう5名でしたが、きょうは速達などで通教生7名から作品がとどきました。その7名の居住地は、次のとおり。
山口県山陽小野田市、米子市、高松市、大阪府高槻市、和歌山市、奈良市、東京都新宿区。

あした以降とどく分は、事前に提出日を事務局に相談している場合など特段の事情がない限り、10/13締切の秋期第1回提出作品として扱います。

(小原)

木下昌輝さん(文校修了生)の最新刊『絵金、闇を塗る』(集英社/1700円+税)



【上】は、最新刊の表紙。集英社を通じて文校図書室に寄贈していただきました。

【下】は、新聞広告(7/6朝日・朝)。サイン会の会場である<大垣書店 高槻店>は、JR京都線・高槻駅より徒歩1分、アクトアモーレ1階。

●予定日を2日繰り延べた今夜の夜・文章講座(担当;葉山郁生チューター)に、12名参加。次の第3回目は、予定通り8月27日(月)午後6時半から開きます。

(小原)

7/1東京新聞・読書欄・・・木下昌輝さん(文校修了生)の今般の直木賞候補作『宇喜多の楽土』(文藝春秋 刊)

6/20文校ブログに詳細。

新刊紹介☆高嶋仁八さん(通教部休学中)詩集『詩ごころ自分史』

大阪府の高嶋仁八さんは、当年82歳で、大阪文学学校・通教部に1996年4月からずっと在籍。22年連続在籍は、現文校生の中では最長で、年4回ある通教部スクーリングには、1年前に休学するまで通いつづけていました。。
以下に、詩集『詩ごころ自分史』(澪標 刊/1500円+税)の「あとがき」から一部抜粋します――――
【自分史とか詩集など出す事は考えていなかった。傘寿を越えてから、写真はあるが、「文字」による記録がない事に気づいた。そこでこの世に生きてきた証として、自分史(詩)を記録してみようと思いついた。詩が多いので「詩集」とも言える。が、私のなかでは自分史が「幹」であり、詩は「枝葉」であると認識している】

(小原)