文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

明日(2日)、東京から吉増剛造さん〈詩人〉をお招きして特別講座

6月2日(土)午後5時~7時
大阪文学学校・特別講座

ゲスト/吉増 剛造(詩人)
演題/折口信夫<おりくちしのぶ>と大阪
司会・葉山郁生(大阪文学協会代表理事)

講座の後、サイン会・懇親会もあります。

木戸銭/在校生500円 休学生・OB1000円 一般1500円

【よしまつ・ごうぞう略歴】
1939年東京生まれ。慶応大学在学中から旺盛な詩作活動を展開、24歳のとき詩集『出発』でデビュー。以後先鋭的な現代詩人として今日に至るまで国内外で活躍、高い評価を受ける。朗読パフォーマンスの先駆者であり、現代美術や音楽とのコラボレーション、写真、映像作品など活動は多岐にわたる。主な詩集に1970年『黄金詩篇』(高見順賞)、84年『オシリス、石ノ神』(現代詩花椿賞)、90年『螺旋歌』(詩歌文学館賞)、98年『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(芸術選奨文部大臣賞)、2008年『表紙 omote-gami』(毎日芸術賞)、11年『裸のメモ』など。その他、評論やエッセイ、写真集など著作多数。16年に東京国立近代美術館で開催された「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」は大きな反響を呼んだ。文化功労者、15年日本藝術院賞・恩賜賞、日本藝術院会員。三田文学会理事長。

comments powered by Disqus