文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2017年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

6人目の春期新入生は、岡山市から。

今日は、岡山市の50代女性が、通教部・小説クラスへ入学されました。今春、6人目の新入生。岡山県の方は現在、13名在籍されています。 入学申込書には、「20年以前に趣味で小説を書いていましたが、仕事に...

5人目の春期新入生は、函館市から。

北海道函館市の50代女性が、通教部・小説クラスへ入学されました。今春、5人目の新入生。北海道には、途切れることなく文校生がいて、これで旭川市の女性(通教部・専科後期)と2人になります。 函館市の方の...

『樹林』1月号(通教部作品集)掲載の渡辺庸子さんの小説が『民主文学』に取り上げられる!

『樹林』624号は、通信教育部作品集にあたります。その号に載っていた、福井市の渡辺庸子さんの小説「秋の日の風」が、『民主文学』3月号(日本民主主義文学会発行)の“支部誌・同人誌評”で取り上げら...

2/18熊本日日新聞・・・熊日文学賞贈呈式での、あびる諒さん(通教部休学中)。

上は、2/18熊本日日新聞・朝刊・3面より。 受賞に関しては、1/21文校ブログで既報。 熊本市在住のあびる諒さんは、1998年4月から2年間、再入学して2005年10月から通教部に在籍中...

今春4人目の新入生は、岡山県の70代女性。

岡山県都窪郡の70代女性が、通教部・小説クラスへ入学されました。今春、4人目の新入生。 オンラインによる入学申込書には、「詩を書いていますが、行間に書ききれない思いを小説で現したらどうなるのかと興味...

金時鐘さんの最後の公開“詩の講座【実作演習】”に58名。

大阪文学学校で半年に一度開いてきた、金時鐘さんの公開“詩の講座【実作演習】”が、今日3時からありました。 金さんは10分の休憩をはさみ、自作詩をもとに、2時間30分間熱弁をふるわれま...

やまさきじゅんよさん(修了生)の絵本のことが載った徳島新聞を在校生が送ってくれました。

2月8日の徳島新聞を切り抜いて送ってくれたのは、徳島県三好郡の通教生。篠原さんです。感謝! 篠原さんは、やまさきさんとは面識はなかったのですが、1/30文校ブログと日野チューターからのお...

進級検討のための組会聴講にぜひ!

今の時期、下に列記した昼間部・夜間部の小説クラスは、進級検討のためなら、無料で組会(クラスゼミ)を聴講できます。ただし一クラスにつき一回だけ。事務局で可能なかぎり、その日の作品をとり揃えます。希望者は...

いよいよ土曜日(18日)、金時鐘さんの公開“詩の講座【実作演習】”の最終回。

18日(土)に文校教室で開かれる金時鐘さんの“詩の講座【実作演習】”は公開講座ですので、一般の方も参加できます。参加費は1500円。 文校OB・休学生は1000円で、在校生は無料です。 午後3時か...

秋期最後の学生委員会に10名。

今秋期最後(第7回)の学生委員会が、午後7時から文校で持たれました。 まず、9日(木)に新聞部が印刷してあった「学生新聞コスモス」2月号の丁合作業。その後、今期の委員会活動をふりかえりながら、来...

4月9日開講の17年春期、3人目の新入生は23歳。

大阪府八尾市の23歳女性が、通教部・小説クラスへ入学されました。25歳以下の方への奨学制度(年間学費3万円割引)が適用されます。 入学申込書の“入学のきっかけ・書きたいテーマ”欄には、次のように想い...

地域文化活動を担う文校修了生/兵庫県三木市の山﨑啓治さん

山﨑啓治さんは三木市からバスを利用して、2005年4月から2年間、再入学して2009年から4月から5年間、昼間部・詩/エッセイクラスに通学。 【上】は1/19神戸新聞・三木版 【下...

2人目の17年春期生。福井県大野市から。

福井県の40代後半・男性が通教部・小説クラスに入学されました。 入学申込書には、きっぱりと「作家になり生活していくため」と書かれていました。 ...

在校生や修了生の同人誌『夜咲う花たち』が二つの雑誌に取り上げられる。

官能小説コレクションと銘打ち、文校在校生・修了生11人が作品を載せた同人誌『夜咲(わら)う花たち』創刊号が、『全作家』の文芸時評と、『季刊文科』の同人雑誌季評で取り上げられています。 取り上げられて...

文校総会(社員総会)ひらかれる。

一般社団法人・大阪文学協会の総会が、文校の一室で開かれました。午後7時から8時20分まで。 理事・チューター団からは葉山代表理事、細見校長、津木林理事、西村チューター、小原事務局長、学生委員会からは...

「読書ノート」の締切。まだ受け付けます。

「読書ノート」締切の今日、持参10名、郵送で3名(鹿児島県奄美市、静岡県浜松市、兵庫県芦屋市)の提出がありました。総計は32名に。 持参された方の大半は、昼間部クラス(森口C、津木林C)や昼・文章講...

新刊紹介☆朝井まかてさん(修了生)『銀の猫』(文藝春秋)

...

新刊紹介☆細見和之(文校校長)編著『ニーチェをドイツ語で読む』(白水社)

...

課題図書「読書ノート」を提出しよう!

「読書ノート」の締切は2/4(土)です。 「読書ノート」のリストおよび紹介文は、2016年秋期「学習の手引き」7~10頁に載っています。課題図書以外の「読書ノート」は受け付けませんので、ご留意く...