文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

昨日(1/28)の朝日新聞〈夕〉に長谷川龍生・文校名誉校長が登場

...

選奨受賞の三原てつおさん(昼・津木林c)、北日本文学賞の贈呈式に出席。

昼間部・津木林クラス在籍の三原てつをさんの小説「空の味」が、宮本輝氏選「第49回北日本文学賞」(主催;北日本新聞社)の選奨に選ばれたことは、すでに1/10文校ブログで報告しました。 その贈呈式が25...

久嵜掬子さん(通教部・安芸クラス)の著書『三方の海』が好評。CDで歌にも。

堺市在住の久嵜掬子(ひさざき・きくこ)さんは、2000年4月入学でずうっと通教部に籍をおき現在、安芸宏子クラスに在籍中。300ページを超える『三方(みかた)の海』(文芸社)は、久嵜さんの夫の祖...

詩の松本クラスが取り上げられた昨日(1/25)の朝日新聞の反響大!

昨日の朝日新聞・全国版の“リライフ”欄では、2/3ほど紙面をさいて「心に届く詩 作りたい」というテーマの特集を組んでいました。【上の新聞記事の左側上部】に、文校夜間部・詩エッセイの松本クラスの...

金時鐘さんの昼・詩の連続講座に47名。

細見校長、中塚チューター、高田チューターの参加もありました。...

あした(25日)の朝日新聞で全国的に、文校の詩クラスが紹介されます。

今年になって2度、朝日新聞東京本社・文化くらし報道部の記者が文校を訪れています。 夜間部の詩/エッセイクラス担当の松本衆司チューターにインタビューし、松本クラスの組会(ゼミ)を取材されていました。1...

24日/昼・詩の連続講座(金時鐘さん担当)で取り上げられる作品名

24日(土)午後3時からの、金時鐘さんの昼・詩の連続講座で取り上げる作者名(姓)と作品名は次のとおりです。 ○まつだ「歩み」 ○梶谷「這う影」 ○華厳「虚構」 ○松永「自衛艦」【長...

大阪文学協会の理事会開かれる。

6時40分から9時過ぎまで、文校の一室で一般社団法人・大阪文学協会(文学学校の運営母体)の定例理事会がもたれました。出席は、葉山、細見、山田、中塚、佐久間、津木林、佐伯晋、高畠、小原の9名の理事。平野...

平野千景・夜間部チューターが、『季刊文科』で文校のクラスゼミ風景を紹介。

上のコピーは、『季刊文科』64号(2014年12月22日発行)より。 平野チューターは、木曜夜の専科/研究科・小説クラスを担当。 夜・文章講座(葉山郁生チューター担当)の参加者は10名...

【速報】 『樹林』在特号、応募締め切る。小説部門に39編。

朝井まかてさんや木下昌輝さんもかつて載ったことがあり、応募から選考・編集まですべて学生委員会が仕切る『樹林』在校生作品特集号。その今年6月号に向けて、今日の午後4時、作品の応募が締め切られました。  ...

無念! 木下昌輝さん、直木賞受賞ならず!

夜6時半頃から、高橋淳・学生委員長(文校夜間部で木下昌輝さんと同期)と二人、文校図書室でネットの“ニコニコ動画”をドキドキしながら観ていました。第152回芥川・直木賞の選考会の中継(スタジオでの批評家...

1/11(日)東京新聞・・・細見和之・文校校長の著書を紹介

...

15年春期新入生第1号、誕生!

今夜、詩/エッセイ・高田クラスを見学された20代後半・男性が入学を決めてくれました。 4月の春期開講まで待てないということで、年間学費12万円に2万6千円上乗せして、今日から文校生となりました。 ...

辻岡いつかさん(夜・松本クラス)、岐阜県養老町の詩のコンクールで入賞。

西宮在住で夜・松本クラスの辻岡いつか(まきこ)さんが、岐阜県養老町主催の第15回「家族の絆 愛の詩」で入賞されました。 下記の養老町ホームページに発表されています。 http://www.town...

今朝の産経新聞・・・細見和之・文校校長のインタビュー【下】

インタビューの【上】は、12月20日(土)の産経新聞に載っています。 なお当日の文校ブログにもアップしてあります。...

祝☆三原てつをさん(昼・津木林c)北日本文学賞・選奨を受賞

【新聞記事】は、1月1日付北日本新聞。 昼間部・津木林クラス在籍の三原てつをさんの小説「空の味」が、宮本輝氏選「第49回北日本文学賞」(主催;北日本新聞社)の選奨に選ばれました。国内外からの...

2015年、文校事務局が本格的に始動しました。

休みの間の、通教部提出作品、文校賞応募、『樹林』在特号応募、、年賀状、各地からの同人雑誌の寄贈など郵便物は、たいへんな量でした。 通教部提出作品は20人ほどから届いていて、さっそく各担当チューターに...

「学生新聞コスモス」12月号(303号)も、いっしょに送ります。

「学生新聞」今号は36ページだて。 中身は、通教部特集「私の住む街」、同人誌紹介、文校生活を振り返って、木下昌輝さんの寄稿など。...

今夕の東京新聞に木下昌輝さんの名前が・・・

直木賞候補にあがっている文校OB・木下昌輝さんの名前を東京新聞でみつけた、横浜市の通教生(研究科/小説/成田クラス)・安藤さんが、その記事をメール添付で送ってくれました。感謝! (小原)...

「文校ニュース」秋期第3号を今夜中に発送します。

「文校ニュース」秋期第3号の印刷を只今終えました。 帳合い、袋詰めをして3時間後には東郵便局から、全在校生、チューターに向けて発送します。 全部で580通。 それをもって、“仕事納め”と...