文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

2015年度春期入学開講式。

大阪文学学校はきょう、春期の入学開講式を迎えました。 約120名が出席。新入生のなかには、宮崎県都城市、広島市、名古屋市、東京など遠方から来られた方も。 本日時点で昼間部47名、夜間部23名、通...

明日(12日)の入学開講式の準備は万端ととのいました。まだ入学できます。

大阪文学学校の2015年度春期の入学開講式は明日。 今日も6名の入学者があって、現在の新入生は、105名に達しました。 また、本科後期生(半年前入学)、専科生(2年目)、研究科生・学友(3年目...

6名入学。新入生総数は98名に。今日も東京から2名。

6名の内訳は、夜間部・小説クラス1名、昼間部・小説クラス1名、同・詩/エッセイクラス1名、通教部・小説クラス3名。通教部の2人は、東京の世田谷区と三鷹市の方で今春、東京から一挙に7名の新入生が誕生。三...

5/12 文校OB作家の対談 朝井まかてさん/木下昌輝さん

主催・朝日新聞社 申し込みは、4月23日(木)までに。...

今夕(10日)の日経新聞に文校が・・・

【写真】は、3月13日(金)の夜間部・尼子クラスの合評風景。...

大阪文学学校入学の決心がつきかねている皆さんへ

『入学案内書』を請求されたり、あるいは一日体験入学に来校されたりしたということは、書きたいという衝動にかられたり、書くことに賭けてみようという気持ちになられているのだと思います。今回は見送って、10月...

新たに7名入学、新入生は92名に。東京からは5人目、愛知からは2人目。

この3日間に入学された7名の内訳は、夜間部・小説クラス1名、昼間部・小説クラス2名、通教部・小説クラス4名。 通教部には、遠く東京(今春5人目)、愛知(2人目)からも。 今春入学者の最高齢の方も誕...

昨日発売の文芸誌5月号に文校修了生3氏の小説が掲載! 『すばる』・・・玄月、『文學界』・・・馳平啓樹、小倉哲哉

●2000年1月、第122回芥川賞を受賞されている玄月さんは、文校夜間部に96年9月まで2年間在籍。 『すばる』5月号に、小説「三井愛子の悩み事」を発表。 ●馳平啓樹さんは、2012年3月まで...

入学に関して、どんなことでもお問い合わせください。

電話やメールで、入学に関する問い合わせが多くなっています。 そこで、入学を検討されている方からよくある質問をQ&Aでまとめてみました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

大阪文学協会の理事会をひらく。

大阪文学学校の運営母体である一般社団法人・大阪文学協会の理事会が、夜6時30分から8時50分まで、文校の一室でもたれました。出席は、葉山郁生代表理事(風邪のため途中退席)、細見和之校長、高畠寛、山田兼...

今夜、「文校ニュース」4月号(春期第1号)を作成・発送

切り貼りしながら手作りした26ページ立ての今「文校ニュース」4月号(春期第1号)は、1面に4月12日(日)“入学開講式”のプログラムを、最終面に今後2カ月間のカリキュラムや公開講座、学生委員会など...

第35回大阪文学学校賞発表!

第35回大阪文学学校賞の各部門の受賞者は、次のように決定しました。授与は、4月12日(日)入学開講式席上でおこなわれます。 ●小説部門(応募22編+「樹林」年間掲載作28編のうちから) 本賞…...

文校賞最終候補

2014年度(第35回)大阪文学学校賞の最終候補に選ばれた作品は次のとおりです。 【小説部門-10編】 〈応募〉-観念原純平「朝時雨」、中山文子「白いドレス」、渡利真「眠る町」 〈樹林14年5...

昼間部生・渡利真さんの著書『ぼくの宝は足と友』の主人公・嵯峨根望さんがNHK・Eテレに出演します。

NHK・Eテレ「ハートネットテレビ」の再放送です。 4月6日(月)PM1:05~1:35。 渡利真さんも、本名の渡辺で電話出演するそうです。 番組案内は、次をクリック。 ブレイクスルー F...

最後の体験入学に27名。きょうの入学は3名。

最後となる4回目の一日体験入学には、昼の部【写真】、夜の部あわせて27名の参加がありました。なかには東京都三鷹市や名古屋市から来られた方も。 ●きょうの入学者は3名。体験に参加された方2名、オン...

きのう今日で3名入学 ●明日、最後の第4回体験入学

きのう今日で3名の入学者がありました。 大阪府茨木市の60代半ばの女性が、通信教育部・小説クラスへ。 神戸市の40代前半の男性と、奈良県大和郡山市の30代前半の男性が、昼間部・小説クラスへ。 大...

3/30朝日新聞(夕)・・・朝井まかてさん

立て続けに、直木賞、織田作之助賞を受賞された朝井まかてさんは、06年4月から大阪文学学校の夜間部に1年間在籍、その後1年間休学。...

3/29朝日新聞(朝)読書欄・・・金時鐘さん

大阪文学学校特別アドバイザーを務めていただいている金時鐘さんの、公開・詩の講座“実作演習”は、8月8日(土)午後2時~5時におこなわれます。...

3回めの体験入学に16名。2名入学。

○兵庫県三田市の70歳女性が通教部・詩/エッセイクラスへ。 入学申込書の“入学のきっかけ”欄には、「ボケ防止」とありました。 ○京都市の40代後半女性が昼間部・小説クラスへ。 入学申込書には、「...

4/6(月)木下昌輝さんを囲む会。文校近くの隆祥館書店にて。

木下昌輝さんは、文校修了生。 文校から歩いて5、6分ほどの隆祥館書店で、4月6日(月)19時(18:30開場)から< 木下昌輝さんを囲む会 >が開かれます。 第152回直木賞候補作『宇喜...