講師紹介冨上 芳秀とかみ よしひで

  • 担当科目:
    本科・ 専科
  • 担当部門:
    通信教育部
  • 担当クラス:
    詩・エッセイクラス
一覧に戻る

Profileプロフィール

1948年生。『芭蕉の猿の面』など詩集十四冊。長編評論『安西冬衛』がある。文校、冨上クラス修了生と「詩遊」を編集発行。「イリプス」「詩的現代」「gui」に所属。日本現代詩人会会員。
《夜・詩の連続講座講師を兼任》

Messageメッセージ

スペースの関係で短い詩を紹介しておく。
「笑う舌」道端に座布団が敷かれていた。え、なんでこんなものがあるのだろうと思ったら、それは大きな牛の舌だった。タン屋、ベロという店の看板なのかなと思ったら、生きている牛の舌だった。カメレオンの舌が虫を食べるように、ぺろりと人間を食べた。おい、自分がいつも食べる側にいるとは限らないのだぜ。と、舌は桃色の肉を蠢かせておもしろそうに笑った。