大切なお知らせ

2024年度春期生を4月7日まで募集中です。オンラインで申し込むことができます。
在籍期間は、24年4月から25年3月までの1年間です。
初心者だが書きたい、自分を表現したい、作家・詩人をめざしたいという人たちが全国各地から、引きも切らず大阪文学学校の“門”をたたいてきています。
問い合せが相次ぐ中で、今日(4月6日)現在、昼間部・夜間部・通信教育部あわせて51名の春期新入生が誕生しています。
その51名ですが、若い方では24歳、25歳2名【3人には若者向けの年間学費2万9千円割引の奨学制度を適用】、上の方では76歳2名、79歳、80歳と幅広い年齢層になっています。遠方から通教部への入学は、宮崎県延岡市、熊本市2名、福岡市、岡山県倉敷市、福井県永平寺町、静岡市、長野県諏訪市、神奈川県鎌倉市、同県茅ヶ崎市、東京都小金井市、栃木県足利市、宮城県登米市【東北3県・大震災復興支援制度が適用され年間学費2万9千円割引】、北海道札幌市からあります。それとは別に、自宅からオンライン(Zoom)で、山口県宇部市の男性が夜間部、埼玉県川口市の女性が昼間部のゼミに参加します。以上のうち、宮崎県、熊本県、山口県、福井県、栃木県はこの1月末まで“文校生空白県”だったところです。
今後の新入生の状況も“文校ブログ”で詳報していきます。
***************
春期入学開講式は4月7日(日)。大阪文学学校の教室でおこなわれます。その入学式では、文校出身の直木賞作家・朝井まかてさんが動画〔3/16文校創立70周年記念祭における講演の一部〕で、新入生を励まされます。
昼間部・夜間部のクラスゼミは、その週からスタートします。通教部の春期第1回作品締切は4月13日(土)で、それらの作品を対象にした春期第1回通教部スクーリングは6月23日(日)です。
***************
24年春期『入学案内書』(68ページ立て)をご所望の方は、ご連絡ください。本HP上でも、24年春期カリキュラムは発表してあります。
***************
3月19日(火)から3月29日(金)までとびとびに5日間にわたって実施した一日体験入学(オープンキャンパス)は、のべ30名の参加をもって終了しました。今回もZoomを取り入れ、その参加者は30名中8名でした。

入学の決心がつきましたら、オンラインで入学を申し込むことができます。
クラス編成の都合があるため、また通教部の一応の作品締切が4月13日(土)とせまっているため【最終的な締切は4月27日(土)】、できるだけ早めの入学手続きをお願いします。
***************
【23年秋期は最終的に35名の新入生を迎え、本科後期生(23年4月入学)・専科生(2年目)・研究科生(3年目以上)をあわせると、全国36都道府県にまたがって389名になりました。(うち休学生83名)】

お知らせ

一覧

【3/10(日)PM0:30~7:00】通教部・秋期第2回スクーリングに、鹿児島、大分、福岡、鳥取2名、岡山5名、愛媛、徳島、岐阜、愛知5名、静岡、神奈川、東京、千葉、福島、北海道など全国各地から通教部生65名、通教部チューター12名。Zoom参加は通教部生12名(うちプレ・スクのみ2名)。入学検討の一般3名(対面2名、Zoom1名)が見学。

年4回催す通教部スクーリングとその前段のプレ・スクーリング。今回の3月(プレ)スクーリングには、前回...

文校ブログ

一覧

公開講座のお知らせ

文章講座
(昼)
馳平 啓樹
書くための極意
次回開催日5月11日(土)
15:00〜17:00
文章講座
(夜)
津木林 洋
小説における描写(Ⅲ)
次回開催日5月20日(月)
18:30〜20:30
詩の連続講座
(昼)
近藤 久也
 
次回開催日6月8日(土)
15:00〜17:00
詩の連続講座
(夜)
冨上 芳秀
 
次回開催日5月27日(月)
18:30〜20:30

クラスのご案内

本科昼間部

1年間/週1回 14:00 ― 16:00
(土曜日のみ12:00 ― 14:00)

小説クラス
火曜日 金曜日 土曜日
詩・エッセイクラス
木曜日

本科夜間部

1年間/週1回 18:30 ― 20:30

小説クラス
火曜日 金曜日
詩・エッセイクラス
火曜日 木曜日

本科通信教育部

1年間/スクーリング年4回

小説クラス/詩・エッセイクラス/ エッセイ・ノンフィクションクラス

大阪文学学校について

大阪文学学校は、詩人の故・小野十三郎さんを校長に1954年に創立されました。
以来70年にわたって、多くの詩人、作家、評論家、芸術家などの参加と協力のもとに、くらしのなかに埋もれている文学(文章)表現への夢と、創作活動にかかわる喜びを求めつづけてきました。
ことばと創造力にこだわって、文学をスケールの大きな人間生活の道場にしたい、それが大阪文学学校のテーマです。
ハードルは高くありません。あなたもいちど、大阪文学学校をのぞいてみませんか。

学校案内

小説同人誌評、詩時評、詩同人誌評

今まで「樹林」本誌上で連載していた「小説同人誌評」(細見和之執筆)と「詩時評〈詩集評〉」(松本衆司執筆)はこの場所で公開することになりました。
あらたに2021年3月から、「詩同人誌評」(中塚鞠子執筆)が加わりました。

※PDFが開きます。PDFリーダーをお持ちでない方はこちらよりダウンロードください。

大阪文学学校の月刊文芸誌「樹林」

2023年秋期号 Vol.698
【第25回小野十三郎賞 発表】
〈受賞〉詩集・江口節『水差しの水』
〈特別奨励賞〉詩評論書・青木由弥子『伊東静雄―戦時下の抒情』
[詩集選評]犬飼愛生/坪内稔典/細見和之/三井喬子
[詩評論書選評]添田 馨/冨上芳秀/葉山郁生
第25回小野十三郎賞 最終候補一覧『詩集』『詩評論書』

【詩+近況】
「迷子になって」加納由将
「紅葉に、紙魚て」川上明日夫
「トマスのためのレクイエム」真銅孝
「秋田県 手這坂集落」高田文月
「水を撒く」高橋達矢
「ランプの精の魔力」冨上芳秀
「人間到る処青山あり」中塚鞠子
「ナイトラン」平居謙
「運転免許取得者」細見和之
「哲学する犬」松本衆司

【特別講座 対談】
「日常=世界を書くこと」小山田浩子×葉山郁生

【評論】
「「詩人」として死なせてもらいたい――尾崎放哉にとって「詩」とは何か――」松本衆司

【エッセイ】
「マズルカに潜む砲声」菅野美智子

【追悼 佐々木鈴】
「死んじゃって、「しょうもねぇな。」」小原政幸
「佐々木鈴さんの作品世界を探る」平野千景

リレーエッセイ●私が出会った大阪文学学校⑯「愛しさを込めて」夏当紀子

文章講座●古典は新しい(その14)「表現方法の開拓――二十世紀文学の面白さ」日野範之

書評/秀作の樹・個性の花
年間定期購読のご案内