講師紹介美月 麻希みつき まき

  • 担当科目:
    本科
  • 担当部門:
    通信教育部
  • 担当クラス:
    小説クラス
一覧に戻る

Profileプロフィール

1960年生。2015年3月研究科修了。〈白鴉文学の会〉会員。〈白鴉〉28号掲載「鳩の血」が14年『文芸思潮』56号に転載。五十嵐勉賞受賞。15年同作にて神戸エルマール文学賞佳作受賞。〈白鴉〉29号掲載「まち子の指先」16年全作家文芸時評賞最終候補。「銀色の雫」「白い骨眠る谷底」「暗闇の椅子」他を〈白鴉〉にて発表。大阪文学協会理事。

Messageメッセージ

新型コロナはもはや「新型」とはいえないほど世界中で当たり前のように存在する世の中。Twitterを見ていると、前は「コロナはただの風邪」と叫んでいた人たちが、今は「反ワクチン」の狼煙をあげています。観察するとこの中にもいくつかの考えにわかれているとわかります。身体にわけのわからないモノを入れるのが怖い人、世界支配を目論むものによる人口削減計画の陰謀を訴える人、政府の掲げる方針に反対したい人……。他人と自分のなかに潜む強い恐怖や怒り、正義感、使命感などに向き合うチャンスです。小説や詩を書こうとする人はあらゆる出来事を観察する機会と捉えて冷静に対峙してほしいです。