講師紹介菅野 美智子すがの みちこ

  • 担当科目:
    本科・ 専科
  • 担当部門:
    通信教育部
  • 担当クラス:
    エッセイ・ノンフィクションクラス
一覧に戻る

Profileプロフィール

1954年生。2014年秋から2年間文学学校に在籍。その間書き上げた随想集「雨の歌――ゲルハルト・ボッセ、その肖像のための十八のデッサン」を、19年にアルテスパブリッシングより上梓。その他、演奏団体の宣伝用パンフレット、CDのブックレットなどにエッセイを執筆。音楽関係のドイツ語通訳も務める。

Messageメッセージ

自分が抱え追い続けるテーマをより良く表現できる言葉を探し続けること、考え続けることを肝に銘じています。主要主題とそれに対比させる副主題があるなら、ふたつをどう組み合わせ、どう展開させていくか。これらを実現するためには想像力や思い切った発想の転換が必要になってきますが、そのための新たな視点を得たい場合、文学以外の芸術分野に親しんでおくことも助けになると思います。音や色彩で語られる言葉、身体で考え身体で話す人たちから多くを学ぶことがあります。芸術作品の持つ様式感を注視することにより、文体を作り上げるヒントを得られることもあるのです。