大切なお知らせ

4月9日の入学開講式以降もふくめて、今春、夜間部15名、昼間部26名、通信教育部23名で計64名の新入生を迎えました。
若い方では21歳から25歳まで6名(奨学制度適用)、高齢の方では84歳を筆頭に70歳代8名と、広範な年齢層の入学者がありました。
遠方からの通教部への入学は、北海道函館市、宮城県本吉郡(大震災復興支援適用)、東京都江東区、東京都新宿区、福井県大野市、岡山市(2名)、岡山県都窪郡、岡山県倉敷市、徳島市、長崎市、沖縄県糸満市などからで、全国にまたがっています。海外では、オーストラリア・シドニーとアメリカ・ワシントン州キング郡から。
これで、本科後期生(昨秋入学)・専科生(2年目)・研究科生(3年目以上)をあわせると、今春期の在校生総数は358名になります。(ほかに休学生85名)

オンラインなどで、まだ入学を受け付けています。今すぐの入学を希望される方のクラスは次の通りです。クラスにはすぐ打ち解けられます。
◎昼間部(午後2時~。土曜のみ正午~)
   小説クラス・・・火曜、水曜、金曜、土曜日のいずれか
   詩・エッセイクラス・・・木曜日
◎夜間部(午後6時半~) 
   小説クラス・・・火曜または金曜日
   詩・エッセイクラス・・・火曜または木曜日
◎通教部(6/25スクーリング)
   小説クラス、詩・エッセイクラス、エッセイ・ノンフィクションクラス、
   どのクラスとも中途入学可
【都合のいい曜日に、クラスゼミの見学にお越しください。事前連絡をお願いします】

お知らせ

一覧

文校ブログ

一覧

公開講座のお知らせ

文章講座
(昼)
日野 範之
文章表現の基礎
次回開催日5月13日(土)
15:00〜17:00
文章講座
(夜)
葉山 郁生
プルーストと小説の諸方法 Ⅱ ――プルーストに倣った物と人と空間のデッサン
次回開催日5月15日(月)
18:30〜20:30
詩の連続講座
(昼)
山田 兼士
 
次回開催日6月17日(土)
15:00〜17:00
詩の連続講座
(夜)
川上 明日夫
詩は比喩に始まって比喩に終る
次回開催日5月29日(月)
18:30〜20:30

クラスのご案内

本科昼間部

1年間/週1回 14:00 ― 16:00
(土曜日のみ12:00 ― 14:00)

小説クラス
火曜日 水曜日 金曜日 土曜日
詩・エッセイクラス
木曜日

本科夜間部

1年間/週1回 18:30 ― 20:30

小説クラス
火曜日 金曜日
詩・エッセイクラス
火曜日 木曜日

本科通信教育部

1年間/スクーリング年4回

小説クラス/詩・エッセイクラス/ エッセイ・ノンフィクションクラス/ エッセイ・自分史クラス

大阪文学学校について

大阪文学学校は、詩人の故・小野十三郎さんを校長に1954年に創立されました。 以来60年にわたって、多くの詩人、作家、評論家、芸術家などの参加と協力のもとに、 くらしのなかに埋もれている文学(文章)表現への夢と、創作活動にかかわる喜びを求めつづけてきました。 ことばと創造力にこだわって、文学をスケールの大きな人間生活の道場にしたい、それが大阪文学学校のテーマです。 ハードルは高くありません。あなたもいちど、大阪文学学校をのぞいてみませんか。

学校案内

大阪文学学校の月刊文芸誌「樹林」

2017年春号 Vol.625
【第18回小野十三郎賞受賞作品+受賞者インタビュー+記念座談会】
森水陽一郎『九月十九日』(抄)/平野晴子『黎明のバケツ』(抄)
最終候補詩集(抄)宇佐美孝二『森が棲む男』/宇宿一成『透ける石』/斎藤恵子『夜を叩く人』/中西弘貴『厨房に棲む異人たち』/新延 拳『わが流刑地に』/花潜 幸『初めの頃であれば』
記念座談会「小野賞の未来」 金時鐘/倉橋健一/小池昌代/坪内稔典

【特集】大阪文学学校チューターが薦める、この詩集、歌集、句集
安芸宏子/岩代明子/川上明日夫/島田勢津子/冨上芳秀/中塚鞠子/夏当紀子/苗村吉昭/日野範之/平野千景/細見和之/松本衆司/森口透/山田兼士/若林亨/葉山郁生

【詩+近況】
金時鐘/川上明日夫/冨上芳秀/中塚鞠子/苗村吉昭/細見和之/松本衆司/山田兼士

【追悼】
嶺月耀平さんと遺作「朋友」 小原政幸
小説「朋友」嶺月耀平

【新連載】
講座●小説表現の基本 一「体験を小説化する方法――小説と体験記とはどこがどう違うのか」奥野忠昭
リレーエッセイ●私が出会った大阪文学学校「わたしの大学――切磋琢磨のにぎやかさ」たなかよしゆき

書評/秀作の樹・個性の花/小説同人誌評14 細見和之/詩時評4 松本衆司
年間定期購読のご案内