文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

きょう(2/4)締切の「読書ノート」は、きょうの5編をふくめて37編の提出! まだ受け付けます! ◆飯田未和チューター推薦の小山田浩子『工場』は3位タイの3編。

文校チューター25名が一冊ずつ推薦した課題図書への「読書ノート」締切の今日、持参やレターパックで5名から提出がありました。昨日までの到着分とあわせて、総計は37名にのぼりました。
37名のうち、2月25日特別講座に広島から来校される小山田浩子さんの『工場』(新潮文庫/飯田チューター推薦)を選んで「読書ノート」を提出した人は3名。4名提出は2冊あり、堤未果『日本が売られる』(幻冬舎新書/音谷チューター推薦)と深沢七郎『楢山節考』(新潮文庫/高橋チューター推薦)。
ちなみに、最終的に52名から提出のあった半年前(22年8月)は、『工場』の「読書ノート」提出は4名で1位タイでした。ほかに4名提出のあった著作は、村上春樹『ノルウェイの森』、堤未果『日本が売られる』、遠野遥『改良』、凪良ゆう『流浪の月』、高橋源一郎『非常時の言葉』、芥川龍之介『蜜柑』、丸谷才一『樹影譚』の7冊でした。

次のように、「読書ノート」の提出者は、コロナの時代になってからグーンと伸びています。前回(22年8月)――53名、前々回(22年2月)――44名、(21年8月)――50名、(21年2月)――58名、(コロナで前倒し・20年5月)――60名、(20年2月)――27名、(19年8月)――30名、というふうに。

◎「読書ノート」に対する、それぞれの課題図書の推薦チューターによる“ノート評”は3月末をメドにお返しします。
◎数日遅れてもまだ受け付けますので、読みかけ、書きかけの方は、ぜひ提出してください。

1月24日・文校ブログおよび22年度秋期『学習の手引き』6~9ページを参照。

(小原)