文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

小川洋子さん(Zoom出演)をお招きしての特別講座に文校教室で40名、文校外から125名がZoom視聴。

午後2時に、Zoom出演のかたちで小川洋子さんをお招きし、公開・特別講座ははじまりました。葉山郁生・大阪文学協会代表理事を聞き手として、小川文学の真髄、小説作法などを、穏やかな表情で存分に語っていただきました。
文校外Zoom視聴者からあらかじめメールで寄せられていた質問と、教室参加者のマイクを通しての質問、あわせて10数件の質問に、小川さんは丁寧に分かりやすく応えていかれました。そのなかで、「書くには、才能ではなく、執念深さが大事です」という言葉が印象深く残りました。
アウシュヴィッツの問題にも取り組んでいる細見和之・大阪文学学校校長も姿を見せ、小川さん、そしてコロナのためにまだ顔を合わせていないZoom視聴の皆さんにあいさつをしました。
盛り上がった公開講座が終わったのは、予定より30分延びて、午後4時半過ぎでした。

(小原)

祝☆朝井まかてさん(文校修了生で直木賞作家)、文学部門で2020年度芸術選奨・文部科学大臣賞を受賞。

【文化庁のHPより】
朝井まかて氏「類」は,森鷗外の末子として生まれた森類の生涯を題材として,生き生きとした筆遣いで見事に叙述された優れた小説作品である。文豪を父として持ちながら,高望みしない質素な人生をおくった類の,ひそかな愛や苦悩を,資料に基づきつつ,豊かな想像力と熟練した語り口で浮かび上がらせ,読者の共感を呼ばずにはいない。作家として高い評価を得た長姉(ちょうし)の茉莉(まり),随筆家になった次姉(じし)の杏奴(あんぬ)など,魅力的な人物を輩出した一家の,群像劇としての興味も尽きない。

『類』(集英社刊)については、
20年9月1日文校ブログ
20年9月24日文校ブログ
で紹介。

3月13日(土)午後~14日(日)午前 《通教部プレ・スクーリング》

通信教育部のプレ・スクーリングでは、『樹林』2・3月合併号(通教部作品集)に載らなかった作品を合評します。
今日現在、小説組に11名、詩・エッセイ組に4名が参加予定。
チューターは3名(佐伯、津木林、高田さん)。

小説組、詩・エッセイ組ともに、作品コピーを郵送してあります。

今からでも参加を希望する通教生には、作品コピーを送ります。至急ご連絡を。
(作品提出は締め切っています)

(小原)

いよいよ、あさって(6日)、小川洋子さんのZoom出演による公開・特別講座! リハーサルを終えました。◆文校教室でのZoom視聴35名、文校外のZoom視聴120名が予約。まだ受け付けます。

皆さんが楽しみにしていた、小川洋子さん(作家)をZoomでお招きしての特別講座が、いよいよ明後日(6日/土曜)に迫りました!
今夕には、小川洋子さんとの間で、Zoomがうまくつながるか、リハーサルをおこないました。新谷翔さん(夜・平野クラス)が、自宅から運んできてくれた大型スクーリンに、小川さんの柔和な表情が大写しになりました。
文校の内と外からのZoom視聴の予約は、150名を超えます。そのなかには、取材がてらの、神戸新聞、読売新聞、産経新聞の記者さんもふくまれます。
文校外視聴、教室視聴(若干名)ともにまだ受け付けます。
以下を参照してください。
1月29日文校ブログ

(小原)

通教部の皆さんへ・・・3/14スクーリングの「出欠ハガキ」は出されましたか?

3/14(日)通教部スクーリングの「出欠ハガキ」が続々届いています。
今日(4日)現在、通教部生の出席連絡は60名(Zoom参加ふくまず)。
前回12/13スクーリングのときの45名からすると、いくらか増えることになりそうです。
◎スクーリングを欠席される方から、『樹林』2・3月合併号(通教部作品集)掲載作への感想を募っています。

◆スクーリングの翌日・15日(月)におこなわれる、公開の夜・文章講座(担当;音谷健郎チューター)に向けた作品の締切は、6日(土)です。

(小原)