文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

第24回小野十三郎賞(大阪文学協会主催/朝日新聞社共催)の応募締切せまる。7月10日まで(当日消印有効)!

「詩集」と「詩評論書」を対象にしている小野十三郎賞の、今年度(第24回)の応募締切は7月10日<当日消印有効>です。

今日も各地(長崎市、鳥取市、栃木市、秋田市)から4冊の応募があり、4月末からの応募総数は103冊に達しました。
なお、最終的な応募総数(詩集+詩評論書)は、1年前【第23回】137冊、2年前【第22回】138冊、3年前【第21回】111冊でした。

応募先は、大阪文学学校内の小野十三郎賞事務局です。

募集要項の詳細については、4/25文校ブログを参照してください。

(小原)

通教部提出作品、速達便・持参などで21名から。昨日までの既着分と合わせて11名の通教部チューターへ郵送。

通信教育部(11クラス・151名/うち新入生33名)は、きょうが22年春期第2回提出作品の、いちおうの締切日。
きょうは計21名から提出がありました。内訳は、午前中の文校ビル1階の郵便受け投函1名、事務局へ直接持ち込み5名、郵便15名(速達、レターパックライト、レターパックプラスあわせて)。
持ち込み5名は、大阪、兵庫、奈良から。
郵便15名の通教生の居住地は、福岡市、香川県高松市、兵庫県姫路市、同県西宮市、大阪市、大阪府箕面市、同府高槻市、京都市、京都府乙訓郡、和歌山市、三重県四日市市、愛知県豊橋市、静岡県富士市、同県下田市、青森県弘前市。
きょうまでに到着していないと、9/11(日)スクーリングにおける合評会のテキストになる通教部作品集(『樹林』8・9月合併号)の掲載対象作品からははずれてしまいますが(クラスによってはまだ大丈夫なところもあります)、締切2週おくれの7/16(土)までに届けば担当チューターからのアドバイス批評および添削は受けられます。
それにスクーリングの前日と当日午前にはプレ・スクーリングがあり、締切2週おくれでも希望すれば自作品を合評してもらえます。
未提出の方、今からでも遅くはありません。あきらめないで、1日も早く作品を提出してください。
きょうまでの到着作品をクラスごとにまとめ、30分後に道頓堀に近い大阪南郵便局に出向いて、通教部11名のチューターに速達で届けます。

◆7/11(月)には、春期2回目の夜・詩の連続講座(担当;冨上芳秀チューター)があります。それに向けた課題作品の提出締切は、きょうでした。8名から作品が届いていますので、それらをまとめて冨上チューター宅へ届けます。
作品を未提出の人も、7/11の講座には参加できます。在校生は無料です。

◆7/16(土)昼・詩の連続講座(春期2回目)の担当は、病気療養中の山田兼士さんに代わって松本衆司チューターが担当することになりました。
課題作品の提出締切は、7/9(土)です。事務局まで。

(小原)

いざ、熊野三山へ! 文校の近くに熊野街道の“道標”あり。われわれは、文校からチャーターバスで向かいます。文校夏季合宿に、岡山2名、愛知2名、神奈川1名、東京2名など39名の申込あり。まだ、受付中!


【空堀商店街の少し先にある道標】


【道標の少し先の舗道に描かれたレリーフの地図。四天王寺、住吉大社へつづく】

室町時代、霊験あらたかな聖地・熊野三山を目指す巡礼の旅は、“蟻の熊野詣”と呼ばれていたそうです。それほど、京都から熊野へとつづく“熊野街道”は武士や庶民でごった返していたそうです。京都←→熊野往復600キロ、徒歩で20日から1カ月を要していたとか。
“熊野街道”は、文校のすぐ近くを通っていたようで、その“道標”が東側の空堀商店街が切れたところにあります【写真】。京から淀川をくだり、舟を降りた天満八軒家から2.1キロにあたるそうです。そこから、四天王寺、住吉大社へつづきます。

学生委員会の主催する文校夏季合宿の一行は、奈良交通のチャーターバスを使い、わずか2日間で文校と熊野を往復する計画です。
学生委員会のチラシやクラス入りによるお誘いで、参加申込がグーンと増えてきました。今日現在、岡山2名(通教部生、文校OG)、愛知2名(昼間部生、通教部生)、神奈川1名(昼間部生)、東京2名(通教部生、文校OB)などの遠来組を入れて39名。そのうち、講師陣から中塚鞠子・昼間部チューターと塚田源秀・通教部チューター、事務局から小原と佐々木鈴、連れ合い同伴2組。
以上の情報は、学生委イベント部キャップの諸さやかさん(夜・平野c)からいただいたものです。

まだまだ、7/17~18夏季合宿“熊野三山総めぐり・新宮の旅2日間”の参加者をつのっています。奈良交通の借りるバスを何人乗りにするかの問題がありますので、希望者は急いでください。

夏季合宿の案内チラシ

(小原)

全国各地の通教部生17名から提出作品とどく。いちおうの締切は、あした2日(土)17時。

通信教育部の春期第2回作品提出締切は、あした2日(土)です。残念なことに、土曜日の普通便の配達はありません。
今日は、鹿児島県志布志市、広島県福山市、鳥取県八頭郡、愛知県豊田市、長野市、新潟県魚沼市、千葉県匝瑳市、埼玉県所沢市など全国各地の17名から作品がとどきました。速達便とレターパックが多くなってきました。

あした2日の事務局持ち込みは、午後5時までにお願いします。
届いている分をクラスごとにまとめ、夜7時前に南郵便局に出向き、速達で各チューターに発送するつもりです。

3日以降の提出分も、とどいたその日にチューターにお送りします。そして2週遅れの7月16日(土)まで受け付け、担当講師からアドバイス批評(個別評)は受けられます。また、9月11日(日)スクーリングの前段に持たれるプレ・スクーリングで、希望すれば合評に付される機会があります。

◆郵送にあたっては、封筒のおもてに、かならず“通教部22年春期第2回提出作品”と朱書してください。つづめて、“通教部作品”でもいいですが。
いま、『樹林』11月・在校生作品特集号の応募期間でもあるため(9日締切)、ごっちゃにならないためにもよろしくお願いします。

(小原)

通教部提出作品、昨日は北九州・愛媛・鳥取などから7名、今日は福岡・東京などから11名。いちおうの締切は7月2日(土)午後5時。

通信教育部の春期第2回作品提出締切は、あさって2日(土)です。土曜日は、普通郵便は配達されなくなっていますので、ご留意ください。

昨日(29日)の提出は、福岡県北九州市、愛媛県八幡浜市、鳥取市など7名でしたが、今日(30日)は、福岡市1名、東京都調布市1名、大阪府3名、京都府2名、兵庫県2名、奈良県1名、滋賀県1名の計11名から届きました。
2日(土)の事務局持ち込みは、午後5時までにお願いします。
届いている分をクラスごとにまとめ、夜7時までに南郵便局に出向き、速達で各チューターに発送するつもりです。

2日に遅れると、『樹林』2022年8・9月合併号(通教部作品集)に自作品が載るチャンスをみすみす逃がすことになりかねません。
遅れて届く作品も、届いたその日にチューターにお送りし、作品集への掲載作決定に間に合うものはできるだけ対象に含めてください、とお願いはします。

3日以降の提出分も2週遅れの7月16日(土)まで受け付け、担当講師からアドバイス批評(個別評)は受けられます。また、9月11日(日)スクーリングの前段に持たれるプレ・スクーリングで、合評に付される機会があります。

(小原)