文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

☆新刊紹介★朝井まかてさん(文校修了生で直木賞作家)の長編小説『ボタニカ』(祥伝社/1,800円+税)

朝井まかてさんの新刊・長編小説『ボタニカ』(祥伝社/1,800円+税)は、四六判で総504ページ。『ボタニカ』は、祥伝社発行の月刊『小説NON』に2018年11月号から20年11月号まで掲載され、単行本刊行に際して、朝井さんが加筆、訂正されています。

◆朝井まかてさんは、2006年4月から大阪文学学校・夜間部に1年間在籍、その後1年間休学。在籍中、「われら、勝手につき」が『樹林』在特号(06年12月号)に掲載される。
14年、『恋歌(れんか)』で第150回直木賞、『阿蘭陀西鶴(おらんださいかく)』で第31回織田作之助賞。16年、『眩(くらら)』で第22回中山義秀文学賞。17年、『福袋』で第11回舟橋聖一文学賞。18年、『雲上雲下(うんじょううんげ)』で第13回中央公論文芸賞。19年、『悪玉伝』で第22回司馬遼太郎賞。20年、『グッドバイ』で第11回親鸞賞。21年、『類(るい)』で2020年度芸術選奨・文部科学大臣賞〈文学部門〉と第34回柴田錬三郎賞のダブル受賞。

◆朝井さんには20年春、以前からの金時鐘さんと並んで“大阪文学学校特別アドバイバー”に就任していただきました。毎年春・秋の大阪文学学校・入学開講式に臨席していただくことになっています。
文学学校でおこなわれる今春の4/10(日)入学開講式にも、20分間だけ登壇して「新入生のみなさんへの言葉」を熱く語っていただく予定です。

(小原)

春期7人目の新入生。静岡県下田市の49歳女性が通教部・小説クラスへ。

きょう入学申込書をオンラインで送ってこられた静岡県の女性は、文校のことはインターネット検索で知ったのだそうです。
入学申込書の中の“入学のきっかけや書きたいテーマなど”のところには、
【真っ白な紙になんでも自由に描いていいよ、と言われると途方に暮れるたちです。文章を書くのは好きですが、条件やテーマを与えられたほうが自分に向いていると感じてきたので、40代の9年間は書評の講座を受講。それまであまり読んでこなかった海外文学や古典に触れ、国も時代も越えて作家たちの脳内を楽しく泳いできました。小説を書ける気はまったくしないのに、最近になって自分も白い紙に自由に描いてみたいという欲だけが出てきて、どんなにしょぼいものでも、その欲がどんな形になるのか見てみたくなり入学を決めました】
と書かれていました。
“影響を受けた作家” として、【内田百閒、小川洋子】をあげられています。小川洋子さんは、オンラインではありましたが、昨年3月6日の大阪文学学校・特別講座でお話されています。その模様が収録されている文校の文芸機関誌『樹林』12月号を今夜、静岡県の女性へ第3種郵便で進呈します。

(小原)

課題図書「読書ノート」を提出しよう! 締切は2月5日(土)ですが、数日遅れても受け付けます。

大阪文学学校のカリキュラムのひとつに、文校23名のチューターがそれぞれ推薦する課題図書について、読み手としての驚きや発見を自由につづっていただく「読書ノート」の提出があります。
2021年度秋期『学習の手引き』6~9頁に、課題図書23冊のリストと、〈どういうところを読みとってほしいか〉という各チューターの推薦理由が載っています。
「読書ノート」の締切は2/5(土)ですが、数日遅れても受け付けますので、読みかけ、書きかけの方は、ぜひ提出してください。
課題図書以外の「読書ノート」は受け付けませんので、ご留意ください。
提出者には、推薦チューターによる「ノート評」をお届けします。

◆ちなみに最終的な提出者は、前回(21年8月)――50名、前々回(21年2月)――55名、(コロナのために前倒しして20年5月)――60名、(20年2月)――27名、(19年8月)――30名、でした。コロナの時代になってから、格段に提出率が伸びています。

(小原)

公開/夜・詩の連続講座に10名。

冨上芳秀チューターが担当する公開の夜・詩の連続講座(21年秋期2回目)は、今夜6時30分から9時まで、10名の出席でおこなわれました。うち、文校OG1名。
あらかじめ作品提出のあった8名は、全員出席。
コロナ対策のために窓をあけ、ずっと換気していました。少しでも寒さをしのごうと、教室の中央でガスストーブをたきました。

◆次の公開講座は、2月7日(月)午後6時30分から、秋期3回目の“夜・文章講座(担当;津木林洋チューター)”です。それに向けた作品の締切は、1月29日(土)です。文校事務局まで。

(小原)

公開の昼・文章講座〔担当;日野範之チューター〕に、北九州市の通教生、文校OBをふくめて21名参加。作品提出22名中、17名出席。

正午(12時)から作品合評ゼミをおこなっていた大西クラス(チューターをふくめて教室7名、自宅Zoom9名、欠席1名)に教室をゆずってもらい、午後3時から6時10分まで、日野範之チューターによる秋期2回目の昼・文章講座がありました【写真】。コロナ対策上、間仕切りボードを片寄せて教室全面を使い、お互いの間隔をじゅうぶんに取るようにしました。
日野チュターの短い講義のあと、マイクを使って作品提出全員が自作朗読し、それぞれに対するチューターの講評がつづきました。

◎次回の2/19(土)昼・文章講座の宿題作の書き出しは、「男(女)は僕(わたし)も踊りたいといった。」もしくは「たなかひろしが・・・・・・」ということになりました。また、“熱”をテーマにしたものでもOK。
締切は2/14(月)で、日野チューター宅まで。

◆あさって月曜日(24日)午後6時30分からは、冨上芳秀チューターの担当する公開講座/夜・詩の講座です。作品は8名から届いていますが、作品を提出されていない方でも参加すれば勉強になります。

(小原)