文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

《2024年度春期入学2人目》●きのうクラスを見学したばかりの西宮市の60代女性が昼間部・小説クラス(金)へ。

きょう2人目の、オンラインによる「入学申込書」がとどきました。
昨年12月から今年にかけて5回メールのやりとりをし、事前にクラス生の合評作品をお送りし、きのうの夏当クラスのゼミ(組会)を見学してもらった兵庫県西宮市の女性です。
途中、送付した秋期『入学案内書』で学生時代の旧友に出会うという僥倖がありました。その旧友とは通教部・飯田クラスの佐伯さんのことで、佐伯さんが第18回木山捷平短編小説賞を受賞したときの顔写真入りの新聞記事を
『入学案内書』で目にとめたのでした。40年ぶりぐらいの、写真による再会のようでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「入学申込書」の中の“入学のきっかけや書きたいテーマなど”の欄には、次のように記されていました。
【2023年5月末に退職、今年は新しいことに挑戦したいと思いました。本が好きで、読むだけでなく、装丁の美しい本を眺めるのも大好きです。大それた望みだと思いますが、生涯でせめて一冊、自分の本を作ってみたいと思っています。
前職は編集プロダクション勤務、企業誌やタウン誌の編集に携わっていましたが、文学という分野での経験はありません。はたしてストーリー性のある長い文章を書けるのか、自信もなく、不安に思っています。昨日(1/19)クラス見学をさせていただき、皆さんの熱量に圧倒され、ぼうっとしてしまいました。が、一晩考え、とにかく一年間、クラスについて行こうと決めました。どうぞよろしくお願いします。】

影響を受けた作品は【須賀敦子・武田百合子・塩野七生】で、文校(募集)は【数年前の読売新聞、WEB】で知ったという記載もありました。

(小原)