文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

☆新刊紹介★月川奈緒さん(文校夜間部/松本クラス)第1詩集『いちご月の夜』(澪標/1,980円)

京都市右京区の嵯峨野に住む月川奈緒さんは、2017年4月に大阪文学学校に入学し現在、夜間部/詩・エッセイ/松本衆司クラスに在籍中。
この度、澪標から刊行した詩集『いちご月の夜』は、月や満月をテーマにしています。加えて、月川さんが子どもの頃から馴染んできた渡月橋(とげつきょう)、桂川、大堰川(おおいがわ)、大沢池、亀山公園、嵐電嵐山(らんでんあらしやま)駅などが出てきています。
また、バラ栽培家として著書も持つ93歳の父親・亀山寧<やすし>さんが日々手入れしているバラ園の中で、月川さんは“薔薇色カフェ・ラビアンローズ”を営んでいます。よって、32編収められている『いちご月の夜』の中には、バラをモチーフにした詩が3編載っています。
さらには、第39回(2018年度)大阪文学学校賞奨励賞を受賞した「ひろば」、第44回(2023年度)文校賞の本賞を受賞した「血闘」も収められています。

◎先だっての日曜日(26日)、電車を乗り継ぐこと2時間、“ラビアンローズ”をわが娘と二人で訪れました。バラの花びらを織り込んだケーキやクッキーを食べ、バラの花びらを浮かべたティーを飲んだ後、月川さんにバラ園を案内してもらいました。手入れが行き届いていることがよくうかがえ、だからこそ150種類に及ぶバラそれぞれが色鮮やかでした。
バラの花の咲く季節限定のため、今春の“ラビアンローズ”の営業は6月2日(日)まで、とのことです。5月30日(木)は定休日。


【いろいろな品種のばらが咲き乱れる】


【ラビアンローズ<品種>】

◎文校生たちも、グループや個人で、よく“ラビアンローズ”を訪れています。
23年6月2日・文校ブログ参照。

(小原)