文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

☆新刊紹介★松浦このみさん<大阪文学学校生>『聞き手も読み手も楽しめる 朗読のレッスン』(彩流社/2,000円+税)

松浦このみさんは、東京在住。大阪文学学校・通信教育部には2020年4月入学で、エッセイ・ノンフィクション/音谷Cの4年間を経て、この4月からは同/菅野Cに在籍中。
評伝「箏(こと)に選ばれた女~箏演奏家・八木美知依の歩む道」(85枚)で今春、第44回大阪文学学校賞<エッセイ・評論・ノンフィクション部門>を受賞。受賞作は、『樹林』24年5月号に一挙掲載されています。

松浦さんは大学卒業後、静岡FM放送アナウンサーを経てフリーに。TokyoFM、JFN,ラジオ日本などで、数多くの番組パーソナリティを務める。ナレーターとしてテレビ番組、テレビCM、ラジオCMを多数担当。多数のミュージシャンと演奏と朗読で物語の世界をつくるライブを続けている。これまでに取り組んだ作品は100以上。2009年に一般向けの朗読教室を開講。

新刊の『聞き手も読み手も楽しめる 朗読のレッスン』(彩流社)は、すでに6月23日の通教部スクーリングのとき直にいただいていました。7月3日にとどいた松浦さんからのメールを次に紹介します。
【音谷クラス在籍中の4年間に
少しずつ書いたものが、
本日書籍になり、発売されます。
https://www.sairyusha.co.jp/book/b10084565.html

ただのHow to本にはしたくない、
でも少しは役に立って、
朗読に興味がない人も
つい読んでしまった、、
というものを書けないだろうか、
という身の程知らずのチャレンジ。

自分にしか書けないものを書く、
という文校の精神と、
文を書く情熱にあふれ、
なおかつ人を応援し合う人間性に
溢れたクラスの仲間たちの
おかげで、実現できました。

音谷チューター、
文校事務局の皆様、
そして共に学ぶ仲間たちへ
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

よかったらぜひ
読んでください。】

★ライブ【7/13(土)東京】『源氏物語』の女君たちⅠ――その情念を語る、奏でる 「桐壷」★
朗読と箏で物語の空間を描く
◇松浦このみ(朗読)
◇八木美知依(作曲、十七絃箏、二十一絃箏、エレクトロニクス)
6月6日・文校ブログ参照。

(小原)