文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

木下昌輝さんの新刊・時代小説『人魚ノ肉』(文藝春秋 刊)

木下昌輝さんは、2010年10月から3年半、大阪文学学校・夜間部に在籍。
『人魚ノ肉』(1550円+税)は、直木賞候補作になったデビュー作『宇喜多の捨て嫁』に次ぐもので、出版元・文藝春秋の宣伝文句には「人魚の肉を食べた者は不老不死になるというが‥・舞台は幕末京都、坂本竜馬、沖田総司、斉藤一らを襲う不吉な最後。奇想の新撰組異話」とあります。

(小原)