文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

大阪府立中之島図書館で特別展【戦後大阪の文芸展】を開催中!

大阪府立中之島図書館発行のリーフレットの3ページ目【画像3つ目】には、次のようにあります。
――――――「夢見る底力」~小野十三郎と大阪文学学校~――――――
 1954(昭和29)年「働く人たちが自立して、ものを書く力を養い、小説・詩などを初歩から学びあい、独自の芸術表現、或いは記録文芸を展開していく」ことを目的に、大阪文学学校が開校した。
 創立者・校長は大阪を代表する現代詩人の小野十三郎。彼と関わりのある様々な文学者・知識人が講師としてチューターとして文学学校の活動に参加し、多くの作家・詩人が育まれた。1963(昭和38)年「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)」で芥川賞を受賞した田辺聖子もそのひとりである。
 大阪文学学校は、戦後大阪の文芸の一角を担ってきたといっても過言ではなく、現在も大阪の地で綿々と活動を続けている。

また、リーフレット4ページ目【画像4つ目】には、宮本輝さんとともに、田辺聖子さんの「私と図書館」と題する自筆原稿が収められています。

(小原)

comments powered by Disqus