文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

3名の新入生。 ●夜・詩の連続講座に20名。

昨日、今日で3名の新入生が誕生しました。
●昨日、スクーリング見学に来られていた、京都市の60代後半男性。夜間部の詩・エッセイクラスへ。
●さいたま市の40代前半男性。2000年以来の再入学。通教部・小説クラスで専科(飛び級)スタート。
入学申込書の“入学のきっかけや書きたいテーマなど”という欄には、【2015年に群像新人文学賞の最終候補(「イソヒヨドリ」谷内一美)に残り、受賞するためにレベルアップが必要だと感じたからです。書きたいテーマとかちょっとわかりません。長く書いていて色んなことを書き尽くしてしまった感じです。それでもやむにやまれない思いがあるせいか、小説は書いています】とありました。
●大阪府八尾市の50代後半男性。通教部・小説クラスへ。
“入学のきっかけや書きたいテーマなど ”欄には、【特にありません。とにかく書いてみたいのです。元「関西文学」同人、詩誌「双想」主宰者です】と。

●今夜の“詩の連続講座”(担当;川上明日夫チューター)の参加者は20名。岡山県白石島の石井さん(石村C)、東京都東久留米市の篠宮さん(冨上C)は、一昨日のプレ・スク、昨日のスクーリングに引きつづき参加。川上チューターも翌朝のサンダーバードで、4日ぶりに福井へ。

(小原)

comments powered by Disqus