文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

新刊紹介☆福井絢子さん(昼間部生)長編小説『桜の樹の下で』(リトル・ガリヴァー社)

大阪市の福井絢子(ふくい・あやこ)さんは、大阪文学学校昼間部・研究科・小説(島田)クラスに在籍中。リトル・ガリヴァー社刊の長編小説『桜の樹の下で』は、1400円+税。
Amazonでも購入できますが、文校事務局でも販売中。
リトル・ガリヴァー社のホームページに、産業カウンセラーとして企業・官公庁・大学等で働いてきた福井さんのインタビューが載っています。

『桜の樹の下で』の“あとがき”の冒頭では次のように記されています。
【自分の書いた小説を本にしたいと思ったのは実に遡ること四十年前になります。三十一歳の時に大阪文学学校に通い出し、せっせと物語を紡いでいました。しかしその後の数十年は子育てや仕事に明け暮れていました。
ふと気づくとわたしは再び大阪文学学校に入学していました。本を出版する夢は心の奥底にちゃんとあり続けていました。そして今こそ、自分の仕事を小説にまとめてみたくなりました。】

(小原)

comments powered by Disqus