文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

昼・文章講座(日野チューター)に、新入生4名、一般3名をふくめて28名参加。作品提出は22名。


正午(12時)から文校教室で、昼間部・本科小説・大西クラスのゼミ(組会)がおこなわれました。今週火曜日(27日)に入学手続きをされたばかりの40代女性をふくめて文校教室には10名(もう一人見学の人)、Zoom参加組が5名。
もう一つの土曜日・昼クラスである専科研究科小説・津木林クラスは、各々自宅からZoom合評でした。

◆大西クラスに教室をゆずってもらい、午後3時から5時30分まで、日野範之チューターによる秋期1回目の昼・文章講座がありました【写真】。コロナ対策上、間仕切りボードを片寄せて、教室全面を使いお互いの間隔をじゅうぶんに取るようにしました。
出席は、岡山市の通教部生や、一昨日(29日)に入学したばかりの難波の青年など28名。事前の作品提出は22名からありましたが、3名が欠席。
マイクを使って、日野チュターの講義のあと、作品提出全員の自作朗読、それぞれに対するチューターの講評がつづきました。
講座終了後も、10数名が教室に残り、名画鑑賞と銘打ち、黒澤明監督の「虎の尾を踏む男達」を約1時間、ビデオで観ました。

◎11月2日(月)午後6時30分からは、冨上チューターの担当する公開講座/夜・詩の連続講座です。作品は12名から届いていますが、作品を提出されていない方でも参加すれば勉強になります。

◆今日31日が、通信教育部の秋期第1回の作品提出の最終締切日でした。昨日5名から、今日は7名から作品がとどきました。今日は、ほとんどが速達便でした。事務局で保管する「作品提出リスト」に作品名や枚数、質問対話用紙の有無などを記入してから、作品を封筒に入れ直し、各チューターにとどくよう文校近くのポストに投函しました。

(小原)

comments powered by Disqus