文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

明日(4/1)昼・夜、今春最後・5日目の体験入学(オープンキャンパス) ◆今日の新入生は、広島市の21歳女性。通教部・小説クラスへ。

いよいよ明日(4月1日・金曜)が、今春最後となる5日目の一日体験入学(オープンキャンパス)です。
今までに、3月17日(木)から3月29日(火)にかけてとびとびに4日間で計6回催し、のべ41名(うち、Zoomで14名)参加のあった体験入学の締めくくりです。

大阪文学学校へ入学を検討されている方は、ぜひおいでください。今まで6回の体験に都合悪く参加できなかった方、1度参加したがまだ入学の決心がついていない方、どなたでもおいでください。
明日、昼の部(午後2時~4時)は夏当紀子チューター<作家>、夜の部(午後6時30分~8時30分)は西井隆司チューター<作家>が担当します。
予約なしでもOKですが、このブログを見られた方はできれば事前にメールをください。今のところ、明日の予約は昼・夜あわせて16名(うちZoom2名)です。

オンライン(Zoom)での参加を希望される方へは、Zoom招待状をお送りします。そして、体験入学が始まる30分前にミーティングルームを開きます。

◆今日(31日)、オンラインで通教部・小説クラスへの入学申込書を送ってくれたのは、広島市の21歳女性です。≪若者向けの奨学制度≫が適用され年間学費が通常より2万9千円割り引かれます。
文学学校のことは、神戸新聞で知ったそうです。影響を受けた作家は、田辺聖子さんだそうです。
入学申込書には、短く次のように記されていました。
【家族、男女の違いなど生活の中で違和感を感じることについて自分の心理を明確に表したい】

(小原)