文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

☆新刊紹介☆河原美津子さん(通教部研究科休学中)エッセイ『ひとつになる』(文芸社/1200円+税)

京都府在住の河原美津子さんは、大阪文学学校通教部の音谷健郎(おとだに・たつお)クラスで2017年4月から4年半書き学び現在、休学中。
エッセイ本『ひとつになる』は、働き盛りの年齢で病に襲われたダンナさんと共に生きた日々を河原さんがつづったもの。ダンナさんは、14年余りの闘病生活の末に20年11月に亡くなられています。57歳でした。
次に、『ひとつになる』の巻末にある「おわりに」の冒頭部分を紹介します。
【夫と共に生きた家族の証を書籍にできたことを心から喜んでいる。
 本書は、大阪文学学校エッセイ・ノンフィクションのクラスに在籍中に書いた短い作品をまとめて、「文芸社×毎日新聞 第四回人生十人十色大賞」に応募した作品がもとになっている。未熟だった私をここまで導いてくださったのは、大阪文学学校の音谷健郎チューターだ。コンテストへの応募も勧めてくださった。時には厳しく、時には温かく見守りながら、鋭いアドバイスをくださった。また、クラスメイトの存在も大きい。コンテストの結果はダメだったが、挑戦できたことが嬉しく、感謝の心でいっぱいだ。・・・・・・】

(小原)