文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

第48回部落解放文学賞の<小説部門>で通教部研究科生・村上美鈴さん、<詩部門>で文校修了生・梶谷佳弘さんが、ともに佳作受賞。

『部落解放』824号(7月25日発行)誌上における“受賞のことば”より

◎小説部門では今回、入選(第1席)はなし。佳作(第2席)の村上美鈴さん(大阪市)は、2017年4月に文校昼間部入学で現在、通教部研究科・若林クラスに在籍中。
村上さんは、19年度・第39回大阪文学学校賞のエッセイ奨励賞を受賞されています。『樹林』18年11月・在特号に掲載されたエッセイ「私の地層」で。

◎詩部門で佳作(第2席)の梶谷佳宏さん(滋賀県)は、2014年10月から17年3月まで夜間部・高田クラスに在籍。
梶谷さんは、2年前の第46回部落解放文学賞〈詩部門〉で入選(第1席)を果たしている。作品タイトル「自傷」。
また、17年度・第37回大阪文学学校賞<詩部門>の本賞を受賞しています。『樹林』16年5月に掲載された詩「骨の駅」で。

(小原)