文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

13人目の秋期(10/9開講)新入生は、神戸市の24歳女性。28日・特別講座(ゲスト;大島真寿美さん)に教室参加。

神戸市の24歳女性は、まず8月16日に、詩を書く友人から教えてもらったということで、文校事務局へメールで問い合わせてきました。『入学案内書』等、送付したところ、20日(土)の昼・文章講座に現われました。そして23日夜には、オンラインで「入学申込書」を送ってこられました。
1週間ほどの間に、速攻での入学ということになりました。
希望クラスは、昼間部・本科小説(金)です。24歳ですので、若者向けの年間学費2万9千円割引の奨学制度が適用されます。
新入生として早速、28日の特別講座(大島真寿美さん<直木賞作家>×川田未穂<「オール讀物」編集長>)にやってきます。
以下に、「入学申込書」を抜粋して紹介します。
「入学のきっかけや書きたいテーマ」欄 = 【友人に紹介され日野先生の公開講座に赴いた。そこでの雰囲気のよさや作品に真摯に向き合う人々の姿勢を見て入学を決意した。人は本質的にはわかり合えないというある種の「さみしさ」を書きたいと思っている。】
「影響を受けた作品・作家・詩人名」欄 =【中上健次「鳳仙花」 村上龍「ワイン一杯だけの真実」 マーク・ロマネク「わたしを離さないで」 ロドリゴ・ガルシア「彼女を見ればわかること」等】

(小原)