文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

秋期3回目の体験入学(昼・夜)に13名[うちZoom2名]。高校1年女子から82歳男性まで、神奈川県からも教室に。◆今日・昼の体験後1名、20日・夜の体験参加1名が入学。◆4回目の体験入学は、27日(火)夜。


【昼の部の“体験入学”に7名参加】


【夜の部の“体験入学”に6名参加[うちZoom2名]。ほかに在校生6名[うちZoom1名]】

大阪文学学校へ入学を希望されている方を対象とした一日体験入学(オープンキャンパス)。今日の担当は、昼の部が中塚鞠子チューター、夜の部が松本衆司チューターでした。
参加者は昼の部<Pm2~4>、夜の部<Pm6:30~8:30>あわせて13名、うち2名はZoomからでした。

文学学校の学習システムや歴史、現状を事務局が説明したあと、緊張をほぐすために参加者各々に簡単に自己紹介をしてもらいました。
その後、昼の部、夜の部とも、チューターを中心に現クラス生の詩や短いエッセイをテキストにして、模擬合評会がおこなわれました。
今日の“体験入学”で、文学学校のおおまかな姿や雰囲気をつかめてもらえたのではないでしょうか。

“体験入学”は今後、9月27日(火)夜、30日(金)昼・夜に開催します。27日にはすでに9名の予約が入っています。予約がなくても参加できますが、できれば事前に電話かメールをください。
すでに入学手続きを終えている方、一度参加されている方も歓迎します。

“体験入学”には、オンライン(Zoom)でも参加できます。メールで事前連絡をください。Zoom招待状と合評作品をお送りします。そして、その日の体験入学が始まる30分前にミーティングルームを開きます。

◆今日の新入生は、2名。
◎昼の体験入学がすんだあと、それに参加されていた豊中市の女性が昼間部/詩・エッセイ/中塚クラスへ入学手続きをされました。「入学申込書」には、【文章力をつけたい】と書かれていました。影響を受けた作家は【遠藤周作】で、文校のことを知ったのは【千里中央図書館に置いてあった文校のチラシ】で、とのことです。

◎今夜7時半ごろに、大阪市の31歳女性からオンラインで「入学申込書」がとどきました。一昨日(火)夜の体験入学(高田文月チューター担当)に参加されていて、夜間部/詩・エッセイ/高田クラスへ入学されます。高田クラスへは、今秋4人目の新入生。
以下に、「入学申込書」に記されている内容を紹介します。
【数年前(少なくともコロナ禍以前)より大阪文学学校の存在は存じ上げており、興味をかねてより抱いていたものの、仕事との兼ね合いもあり入学を見送り続けていました。
しかし諸事情により、今年の十月より大阪市内に転居することとなり、これはまたとないチャンスだと思い一日体験入学を経て、思い切って貴校の門を叩くことを決心しました。
現在、私は結社などには所属せず独学で短歌を作り、インターネット上で発表するなどの創作活動を細々としております。今回の入学に際しまして、新たな表現技法の模索、とりわけエッセイなどを一から学びたいと考えている所存です。
表現者としてはまだまだ未熟者ですが、貴校にて熱心なご指導ご鞭撻のほどを賜りたいと思っております。何卒、よろしくお願いいたします。】
また「影響を受けた詩人名」のところには、【茨木のり子、石垣りんなど(音楽鑑賞が好きで、邦楽ロックや日本語ラップの歌詞の影響も多く受けていると感じています)】と記されていました。

(小原)