文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

公開の昼・文章講座〔日野範之チューター〕に、新入生3名、岐阜県の昼間部生、一般3名をふくめて31名参加。うち、20名が作品提出者。


正午(12時)からゼミをおこなっていた大西クラス<昼間部・佐伯cの岩崎さんが営む文校近くのロシア食堂で懇親会を開くため早めにゼミを切り上げる>と津木林クラスに教室をゆずってもらい、午後3時から5時30分まで、日野範之チューターによる秋期1回目の昼・文章講座がありました【写真】。コロナ対策上、間仕切りボードを片寄せて教室フロアを全面的に使い、お互いの間隔をじゅうぶんに取るようにしました。
出席は、今秋の新入生3名<ウーン、少ない!>など31名。新入生・在校生25名は無料でしたが、休学生3名、一般3名からは、木戸銭(1,000円ないし1,500円)をいただきました。
事前の作品提出は23名からありましたが、3名が欠席。
日野チュターの講義のあと、マイクを使って作品提出者全員が自作朗読し、それぞれに対するチューターの講評がつづきました。
講座終了後も9名が教室に残り、カザフスタン映画『トゥルー・ムーン』(90分)のDVDを鑑賞しました。

◎次回の明年1/21昼・文章講座の宿題作のテーマは、「亡き人へ」もしくは「恋」ということになりました。また、自由題でもけっこうとのことです。締切は1/16(月)で、日野チューター宅まで。

◎あさって月曜日(31日)午後6時30分からは、冨上チューターの担当する公開講座/夜・詩の連続講座です。作品は9名からとどいていますが、作品を提出されていない方でも参加すれば勉強になります。

◆今日29日が、通信教育部の秋期第1回の作品提出の最終締切日でした。通教部作品集の掲載作を決めるため最初の締切日だった10/15以降も連日数名から作品がとどいていましたが、今日は速達便などで5名(福岡県飯塚市、香川県高松市、名古屋市、神戸市、高槻市)からとどきました。ほかに、芦屋市から事務局まで持参の方も。
事務局で保管する「作品提出リスト」に作品名や枚数、質問対話用紙の有無などを記入してから、作品を封筒に入れ直し、各チューターにとどくよう文校近くのポストに投函しました。

(小原)