文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

きょう午前、羽曳野市で執り行われた山田兼士さん(大阪文学学校講師)の葬儀に参列しました。

今日(月曜)午前10時から、大阪府羽曳野市の葬儀場で行なわれた山田兼士さんの葬儀に参列しました。享年70。
山田さんは大阪芸術大学文芸学科で教授を務める一方で、1996年4月から大阪文学学校講師、2002年2月から大阪文学協会理事として、文校にも深くかかわってこられました。96年4月から通教部、06年10月から夜間部、さらには11年4月から年6回の公開講座「夜・詩の連続講座」、15年春からは「昼・詩の連続講座」と途切れることなく、講師(チューター)の任にありました。病魔とたたかっていた晩年の3年間は、講座にのぞむことがかなわない時期もありましたが。

式場入口のテーブル上には、山田さんの著書や訃報を伝えるネット記事がプリントアウトされたものが並べられていました。それらの中には12/10付「文校ブログ」も【写真】。
浄土宗の読経が流れる式場内には、親族や大阪芸大関係者など約40名。文校からは葉山代表理事、日野チューター、通教部生1名、修了生2名の姿がありました(細見校長は、昨夜のお通夜に駆けつけています)。
昨日お届けした文校からの一対の供花も手向けられていました。
読経、焼香につづいて、会場後方からの女性のクラリネット演奏のなか、30通ほどの弔電が紹介されましたが、文校からの弔電は大阪芸大教授会の次に読み上げられました。
山田さんの長男・聖士(きよし)さん、連れ合いの泉さんによる挨拶から、山田さんがいかに家族から頼られていたかがうかがわれました。

火葬場に向かう霊柩車を見送って、葬儀場を後にしました。葉山さんらとは近鉄藤井寺駅で別れ、12時半ごろ文校にやってきました。

(小原)