文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

通教部提出作品は17名(速達・レターパックあわせて12、持参5)から届く。昨日までの既着分と合わせて各チューターへ速達で郵送。


【写真】通教部各チューターへ発送される通教部生の作品の“山”。あわせて、「作品提出リスト」「過去の作品提出状況表」も同封。

通信教育部(12クラス・155名/うち新入生22名)は、きょうが22年秋期第2回提出作品の、いちおうの締切日。
昨年10月から普通便の配達がなくなった土曜日のきょう、速達便とレターパックで計12名から提出がありました。
その12名の通教生の居住地は、福岡市東区、鳥取県八頭郡、大阪市淀川区、大阪府枚方市、京都市右京区、同市伏見区、京都府乙訓郡、岐阜県各務原市、静岡県下田市、埼玉県吉川市、千葉県市四街道市、宮城郡利府町。
また大阪・兵庫・奈良から、事務局へ直接持ち込み5名。
きょうまでに到着していないと、明年3/12(日)スクーリング合評会のテキストになる通教部作品集(『樹林』23年2・3月合併号)の掲載対象作品からははずれてしまいますが(クラスによってはまだ大丈夫なところもあります)、事務局が休みに入る12月24日(土)までは受け付け、担当チューターのアドバイス批評および添削はうけられます。
それにスクーリングの前日と当日午前にはプレ・スクーリングがあり、希望すれば自作品を合評してもらえます。
未提出の方、今からでも遅くはありません。あきらめないで、1日も早く作品を提出してください。
きょうまでの到着作品をクラスごとにまとめ、2時間後に道頓堀に近い大阪南郵便局に出向いて、通教部12名のチューターに速達で届けます。

(小原)