文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

《2023年度春期入学3人目》神戸市の71歳男性が、通教部/エッセイ・ノンフィクション(音谷)クラスへ。

冬休み前に入学手続きをされた奈良県大和郡山市の29歳男性(夜間部へ)、東京都江東区の61歳男性(通教部へ)に次いで、3人目の23年春期(4月9日開講)の新入生がオンラインで誕生しました。
神戸市の71歳男性です。昨年10月に3度、メールで質問をいただきお答えしていた方です。すでに、通教部/エッセイ・ノンフィクションクラス担当の音谷健郎チューターの著書『解放の文学――100冊のこだま』を読まれているとのことでしたので、音谷クラスに入ってもらいました。

「入学申込書」の中の“入学のきっかけや書きたいテーマなど”の欄には、次のように記されていました。
【書いてみたいものは今のところ次の二つです。①作家・市民運動活動家の小田実さんについて、及び彼の作品についての評論。②反戦川柳作家の鶴彬さんについて、及び彼の作品についての評論。
差別者という視点での、池田小学校事件加害者・宅間守に関する評論形式での考察を、1年半ほど前に書き、冊子にしました。
たとえ少しだけであっても、読む人の心に響くものを書きたいです。読んだ人に「ああ、そうなんや」と思ってもらえるものを書きたいです。
余談、別件ですが、歌を作って歌っています。】

(小原)