文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

『三田文學』2023年冬季号(No.152)の“新同人雑誌評”欄で紹介された文校関係者の小説は、20編中13編。◆『樹林』685号〔22年8・9月合併号/通教部作品集〕から佐伯厚子、森上晶、藤岡真衣さんの3編。それぞれの所属同人誌から夏当紀子(昼間部チューター)、新井伊津(通教部生)、篠原紀(昼間部生)の3名4編。さらに文校修了生の作品も、所属同人誌から6編。

『三田文學』2023年冬季号(No.152)の“新同人雑誌評”欄で紹介された文校関係者の小説は、次のとおり。( )内は、同人雑誌名と通巻ナンバー。

◆大阪文学学校チューター
・夏当紀子「夜明けの晩をゆらゆらと」(「飢餓祭」Vol.49)

◆大阪文学学校・在校生
・佐伯厚子「遠い入道雲」(「樹林」Vol.685)
・新井伊津「真金吹く」(「六伽士花史」第二号)
・篠原紀「大晦日」(「創作」Ⅰ)
・森上晶「あなたはどうして、ここにいるの?」(「樹林」Vol.685)
・篠原紀「超能力」(「創作」Ⅱ)
・藤岡真衣「綿入れさん」(「樹林」Vol.685)
◎現在、佐伯さん(大阪府)は通教部研究科・飯田クラス。
新井さん(岡山市)は通教部研究科・大沢クラス。
篠原さん(神奈川県)は昼間部研究科・津木林クラスで、2作取り上げられている。
森上さん(大阪府)は通教部研究科・飯田クラス。
藤岡さん(東京都)は通教部専科・休学中。
◎3作取り上げられている「樹林」vol.685は、2022年8・9月合併号で通信教育部作品集。

◆大阪文学学校・修了生
・早高叶「鳥玉響」(「カム」Vol.20)
・稲葉祥子「日本語練習帳――受身形/実は/ひらがな」(「雑記囃子」27号)
・中小路そら「髪結いお袖」(「組香」第七号)
・中島隆「いつか飛ぶだろう」(「雑記囃子」27号)
・宮内はと子「みわの光」(「カム」Vol.20)
・三上弥栄「犬と暮らしたい人」(「星座盤」Vol.16)

(小原)