文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

第3教室の壁に設えてある書架の同人誌コーナーを整理しました。[概算]6日間のべ30時間かけて、2300冊を地下のゴミ置き場に運びました。


【3/15 文校に送られて来ていた30年以上前の、バックナンバー数冊の同人誌の整理・処分にとりかかる】


【30~50年前の、地名が題号に入った同人誌が続々と出てくる!「伊勢路」「近江文学」「九州人」「米子文学」「京阪神文学」「奈良文学」「随筆こうべ」「徳島作家」「瀬戸内海文学」「とやま文学」「神戸文芸」・・・・・・。これらは、できるだけ書架に残した。】
【写真左上で高く積まれているのは、文校の大先輩・田辺聖子さんが属していた同人誌『航路』。その第7号に掲載されている「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」で第50回芥川賞を受賞しているが、残念ながらその号は欠号。44号中30冊残っている中で、田辺さんの作品が載っている号は4冊』】


【今回の書架整理に踏み出させてくれ、どんな同人誌を処分すべきか
指南してくれたのは、日野範之チューター。5月に夫人とともに高知県黒潮町に引っ越しするため、摂津市の自宅の本棚にあった小野十三郎・文校初代校長や文校にゆかりのある詩人たちの詩集群の寄贈を申し出てくれたことが発端だった。】


【3/22 翌日から“体験入学”が始まるために途中、パン3個のみで休みなく9時間を費やして、同人誌処分・書庫整理にケリをつけた。200頁の雑誌を15冊ずつビニールひもでくくる見当で、台車にそのくくりを17、8個載せタイヤチューブなどでぐるぐる巻きにした。文校ビルを半周するかっこうで地下1階のゴミ置き場に運び入れた。台車を往復させること全6日間で9回。200頁の雑誌に置き換えると2300冊を運んだということになるのではなかろうか。200頁以下の雑誌が圧倒的なわけで、実際の冊数はもっと多いだろう。】
【ご安心ください。ぼくの知る限りの文校関係の同人誌は1冊たりとも処分していませんので。すでに活動をやめているものも含めてです。】

(小原)