文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

《2023年秋期(10月開講)入学第1号》堺市の22歳女性が昼間部・小説クラス(土)へ。

堺市の22歳女性から、オンラインで「入学申込書」が飛び込んでいました。電話でもメールでも、事前連絡のいっさい無かった方です。
「入学申込書」に記載されていた携帯の番号に電話をしてみました。ハキハキしたしゃべり方をする女性でした。その上、かなり小説を書いてきているように見受けられたので、「入学申込書」では通教部になっていたのですが、夜間部や昼間部をすすめてみました。結局、仕事の関係で平日は夜7時以降でないと時間が取れないとのことでしたので、正午開始の土曜日にしてもらいました。

◆「入学申込書」に記されていた内容を紹介します。
●《入学のきっかけや書きたいテーマなど》
もともと小説家になるのが夢で、大学生の頃は一日中執筆したり勉強のために本を読んだりしていました。しかし社会人になってから、多忙のため小説を書く時間をなかなか捻出することが出来なくなりました。そこで、学校に通うことで半強制的に執筆活動の時間を作りたい、また今までずっと独学だったので、今一度きちんと勉強したいと思うようになり、貴校を志望しました。

●《影響を受けた作家・詩人名》
有川ひろ、あさのあつこ、向田邦子、星野道夫など

●《募集を何で知りましたか》
田辺聖子か在籍していたとインターネットで知った。

(小原)