文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

29日(土)全国同人雑誌会議の授賞式で、文校発行の『樹林』が第2回全国同人雑誌大賞“特別賞”をうける。ほかに、新人同人雑誌賞に同人誌[mon]と[茶話歴談]、50号賞に[黄色い潜水艦]と[飢餓祭]、全国同人雑誌最優秀賞に蒔田あおさん(文校修了生)、特別賞に藤本あずささん(同)が選ばれる。

一般社団法人・全国同人雑誌協会と中部ペンクラブの共催により、7月29日(土)午後1時から大阪・中之島のリーガロイヤルホテルで、全国同人雑誌大賞などの授賞式がおこなわれました。豪華なホテルで、1万円の会費だったにもかかわらず、同人雑誌に拠る書き手が全国から120名ほど参集。同人雑誌に関わる種々の表彰がありました。
60年間つづく大阪文学学校発行の月刊文芸誌『樹林』(7月号で通巻694号)は、第2回全国同人雑誌大賞の“特別賞”をいただくことになり、葉山郁生・大阪文学協会代表理事が賞状・賞金・ブロンズ像を受け取りました。


【受賞の挨拶をする葉山・代表理事】


【賞状・賞金(10万円)・ブロンズ像】

ほかに文校関係で、同人誌および同人誌に属する個人の受賞は次のとおりです。
◆新人同人雑誌賞に、[mon](飯田未和・通教部チューターなど)、[茶話歴談](文校修了生・丹羽志朗など)。
◆50号賞に[黄色い潜水艦](通巻75号/島田勢津子・昼間部チューターなど)、[飢餓祭](通巻50号/夏当紀子・昼間部チューターなど)。
◆第17回全国同人雑誌最優秀賞(まほろば賞)に蒔田あおさん(文校修了生)の「エリザベトを選んで」([白鴉]33号所収)、同・特別賞に藤本あずささん(同)の「浜辺のリズ」([黄色い潜水艦]75号所収)。

会場を移した懇親会パーティの終了まで6時間30分の長丁場。
途中とちゅうで、藤沢周さん、吉村萬壱さんの講演、富岡幸一郎さん、川村湊さんの挨拶もありました。
“同人雑誌を新しい地平へ押し上げていく道は?”という討議に、牧野出版・佐久間憲一社主、『三田文學』同人誌批評担当の佐々木義登さん、各地の伝統ある同人誌の代表4名とともに、小原政幸・文校事務局長もパネラーの一人として参加しました。
所用のため、遅くに現われた細見和之・文校校長は、懇親会のとき挨拶されました。大阪文学協会の理事である平野千景、美月麻希チューターのほかにも文校修了生の姿が20名以上ありました。

◆◆◆7月5日・文校ブログで、『樹林』が全国同人雑誌大賞“特別賞”を受賞したことをお知らせし、併せて『文芸思潮』23年夏号(第88号)から横尾和博氏と五十嵐勉氏の“選評”を抜粋して載せてあります。

(小原)