文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

速報! 『樹林』在特号(11月号)掲載作品決定・・・学生委員会より

2023年8月21日
大阪文学学校 学生委員会
在校生作品特集号編集部

今年11月発行予定の『樹林』在校生作品特集号の掲載作品は、昨日小説部門の選考会が行われ、大激論の末、つぎのとおり決定しました。8月6日に決まりました詩部門・エッセイ部門の掲載作も挙げていきます。
※なお、順番は掲載順とさせていただいております。
応募してくださった皆様、選考委員の皆様、さらにはお手伝いしてくださった方々、本当にありがとうございました。

小説部門 (6作 / 応募全36作)
黄昏れてコミューン・・・・・・・竹田多恵子(昼・島田クラス)
夫らしきもの・・・・・・・・・・大庭雅子(通教・美月クラス)
ウンチョル先生・・・・・・・・・康玲子(昼・島田クラス)
ゆさぶられる季節へ・・・・・・・シクラ奈津(昼・津木林クラス)
クロージング・タイム・・・・・・H100(夜・西村クラス)
三月の風・・・・・・・・・・・・藤野まーりん(夜・平野クラス)

詩部門 (5作 / 応募全23作)
ある父子・・・・・・・・・・・・谷町蛞蝓(通教・冨上クラス)
七夕の願い・・・・・・・・・・・荻野真理子(昼・中塚クラス)
ここは大阪・・・・・・・・・・・都圭晴(夜・高田クラス)
空洞の主張・・・・・・・・・・・瀧川さより(夜・大西クラス)
わたしか、りずむか、むずかしさか・・・田辺敦史(昼・夏当クラス)

エッセイ部門(2作 / 応募全7作)
やっと出番が来た、牧野富太郎・・・吉野麗(夜・青木クラス)
鴨が葱しょってパリを行く・・・・・小宗明子(通教・音谷クラス)

表紙部門(応募全2作)
花とムク・・・・・・・・・・・・・あおきむつこ(夜・松本クラス)

《一次選考通過作品について》
なお、小説部門の一次選考通過作品名は以下の通りです。(五十音順)
応募のあった全作品の作者名および詳細な選考経過については今年11月発行予定の『樹林』在校生作品特集号に掲載します。発行まで今しばらくお待ちください。

小説部門(一次通過12作)
「ウンチョル先生」「Ⅿ&M、発て、行け!」「夫らしきもの」「クロージング・タイム」「神戸花隈ベルリンパリ三都物語」「三月の風」「刺青(しせい)」「黄昏れてコミューン」「濁流を泳ぐ」「花明かり」「沸騰」「ゆさぶられる季節へ」