文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

9月17日(日)12:30~春期修了集会/15:00~佐々木鈴さんを偲ぶ会

◆17日(日)12:30~14:00は23年春期の修了集会です。コロナ下では開けませんでしたので、19年9月以来4年8期ぶりの開催になります。
この9月で、本科(1年)、専科(2年)、研究科(4年)を修了される方は、昼間部・夜間部・通信教育部あわせて64名です。その方々の今後を励ますために持たれます。
式次第は、細見和之・文校校長による修了証書授与、出席の各チューターによる昼・夜間部提出作品講評、出席修了生からの一言メッセージ、となります。お酒の出る交流会はありません。
修了生でない方の出席も歓迎します。

◆教室を衣装替えして、同日15:00~18:00は、7月10日に急逝された佐々木鈴・文校事務局員を“偲ぶ会”を催します。文校事務局と文校学生委員会の共催で開きますので、司会は事務局長の小原政幸と学生委員長の谷良一が務めます。
ご遺族4名、千葉の高校時代の友人も参席の予定です。鈴さんと縁のある方、どなたでも参加できます。自由な服装で、気楽に。飲食もしますので、会費(懇親会代)1500円をいただきます。

式次第は、お酒が入る前に、葉山郁生・大阪文学協会代表理事、細見校長、鈴さんのかつての担当チューター(平野千景、青木和、夏当紀子)など文校関係者8名ほどに4分ずつ、ご遺族・友人に5分ずつ、スピーチをしていただきます。
お酒が入ってからは、酒飲みとお喋りをいったん休止して、しゃべりたい人には短くしゃべってもらいます。参加者のほとんどがしゃべるでしょうが。
会の最後に、夫の信雄さんに7分間話していただきたいとお願いしてあります。

なお当日の受付で、鈴さんの書いたもの(『樹林』通教号の編集後記など)と、文校関係者64名から寄せられている長短のメッセージをまとめた『追悼文集』を配布します。只今、真銅孝・事務局員の手で急ピッチで作成中です。

当日は、供花・お酒・あては受け付けます。

(小原)