文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

昼間部は佐伯・伊藤クラス、夜間部は高田・西村クラスが合同し、作者を迎えて『樹林』11月(在校生作品特集)号の掲載作を合評。

今週の昼・夜間部は毎日、合同クラスで『樹林』在校生作品特集(11月)号掲載作の合評会。
11月18日・文校ブログ参照。
今日の午後2時からは、本科小説の佐伯クラスと専科/研究科小説の伊藤クラスが一緒になって、『樹林』11月号に載っている竹田多惠子さん(昼・島田クラス)の小説「黄昏れてコミューン」<98枚>を合評しました【写真】。チューターお二人、作者の竹田さんをふくめて23名出席。そのうち、3名が自宅からZoom参加。いつもとは違う雰囲気で、大いに盛り上がりました。

※大和郡山市の竹田さんは、11月号の作品のあとに付いている“作者コメント”欄の1行目に、「在特号掲載という長年の夢をやっと叶えることができました。・・・・・・」と記しています。2014年4月文校入学で、昼間部クラスをいろいろ替わりながら9年目にして念願を達成したのでした。

◆午後6時30分からの夜間部では、詩・エッセイの高田クラスと本科小説の西村クラスが合同し16名(うちZoom6名)で、『樹林』11月号に掲載されている都圭晴さん(高田クラス)の詩「ここは大阪」とH100さんの(西村クラス)の小説「クロージング・タイム」<52枚>を合評しました。H100さんは、広島市からやって来ています。

(小原)