文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

昨日、『樹林』秋期(12月)号が仕上がってきました。全在校生、全チューター、出版社・図書館などへ発送しました。


【『樹林』秋期(12月)号・通巻698号/134ページ立て】
表紙は目次並みに、作品や文章が載っている方を全員網羅してあります。

編集や文学学校の行事スケジュールの関係で、24年1月号(通教部作品集/通巻699号)に先を越されていた23年12月号(本誌)の『樹林』が仕上がってきました。
その大部分は《第3種郵便物》として発送しましたが、一部は《特約ゆうメール》と《レターパック》を使いました。
『樹林』12月号を入れた《第3種》封筒と《レターパック》を大型バッグ数個に詰め込み、真銅孝・事務局員が文校から百数十メートル離れた谷町郵便局へ台車で運びました。しかも、2往復しました。それほど、大変な数と重量なのです。
《特約ゆうメール》は、南郵便局の人がワゴン車で取りに来てくれました。
『樹林』12月号は、在籍生、休学生、チューター以外にも、元チューターなど文校関係者、主だった出版社・新聞社・図書館、お世話になっている各地の作家・詩人、第25回小野賞の最終候補15名の方などにも発送しました。
『樹林』定期購読者の方は、もうしばらくお待ちください。あした発行予定の「文校ニュース」といっしょに送りたいと思いますので。

◆『樹林』12月号の内容は、●第25回小野十三郎賞の発表・選評 ●小山田浩子さんと葉山郁生・大阪文学協会代表理事との文校での対談『日常=世界を書くこと』 ●細見和之・文校校長、文校チューターなど10名の“詩+近況” ●松本衆司チューターの評論 ●菅野美智子チューターのエッセイ ●小原政幸・文校事務局長、平野千景チューターによる≪佐々木鈴さんへの追悼文≫ ●在校生の諸作品(詩、小説) などです。

(小原)