文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

祝★鷲見京子さん(昼間部生/倉敷市)「第14回木山捷平短編小説賞」受賞

岡山県倉敷市の鷲見京子さんは、去年の4月から昼間部・佐伯クラスに在籍しており、ジパング倶楽部(往復で4千円ほど割引)を使って毎週火曜日、新幹線通学をしています。 きょうが丁度その火曜日で、おおきな“...

2人目の19年春期新入生。

兵庫県芦屋市の30代後半・女性が、通教部・小説クラスへ入学されました。 オンラインによる入学申込書には、【 話すことが苦手なため、言葉や文章をもっと知りたいと思って】と書かれていました。 ...

辻岡真紀子さん(夜・松本c在籍)、「神戸新聞文芸」の2018年最優秀賞<詩部門>に選ばれる。第38回こうべ市民文芸<詩部門>でも一席に。

下は、18年12月24日付「神戸新聞」読者文芸欄からの抜粋です。年間賞8部門の表彰式は1月27日、神戸新聞本社でおこなわれます。 さらに辻岡真紀子さんは、「第38回こうべ市民文芸...

祝☆吉川道廣さん(通・美月c)第22回伊豆文学賞・優秀賞を受賞

通教部・美月クラス在籍の吉川道廣さん(よしかわ・みちひろ/静岡県浜松市)の小説「天城(あまぎ)へ」(79枚)が、「第22回伊豆文学賞」(主催;静岡県など)の<小説・随筆・紀行文部門>優秀賞に選ばれまし...

『樹林』在特号、応募締め切る。小説部門に28編、エッセイ部門に10編、詩部門に22編。

朝井まかてさん(直木賞受賞)や木下昌輝さん(直木賞に3度ノミネート)、馳平啓樹さん(文學界新人賞受賞)もかつて載ったことがあり、応募から選考・編集まですべて学生委員会が仕切る『樹林』在校生作品特集号。...

『樹林』在特号の応募締切は、19日(土)正午必着!

『樹林』19年6月号(在校生作品特集号)の応募締切は、あさって19日の正午です。当日、午前10時から、学生委員会のメンバーが教室に待ち構えていて、応募を受け付けることになっています。 文校のビルの正...

祝☆石井渉さん(昼・津木林c)第53回北日本文学賞・選奨を受賞

昼間部・津木林クラス在籍の石井渉さんの小説「ピカドンと天使と曼珠沙華」が、宮本輝氏選「第53回北日本文学賞」(主催;北日本新聞社)の選奨に選ばれました。国内外からの応募1063編の中で、2等賞。賞金3...

1/14朝日新聞・奈良版・・・大和郡山市で催されている『町屋と本と森のねんど』で、小野十三郎さんと川崎彰彦さんの著作も展示。

18年12月25日・文校ブログ参照 13日(日)、ぼくも行ってきました。 ともに故人である小野十三郎さん(初代・文校校長)と川崎彰彦さん(元・文校チューターおよび事務局長)にかかわる展...

大阪文学協会の定例理事会が開かれる。学生委員会はクラス入りして、「在特号」の選考委員を勧誘。

6時30分から8時50分まで、文校の一室で一般社団法人・大阪文学協会(文学学校の運営母体)の定例理事会がもたれました。出席は、葉山(代表理事)、細見(文校校長)、中塚、津木林、平野、小原(事務局長)の...

2019年度春期1番目の新入生が誕生しました!

4月7日(日)開講する春期1番目の入学者は、大阪府阪南市の30代後半・男性。通信教育部の小説クラスへ。 オンラインでとどいた「入学申込書」の“入学のきっかけや書きたいテーマ”欄には、 【何か...

1/9大阪日日新聞・・・文校修了生・河内隆雨(こうちりゅうう)さんが登場

12/19文校ブログ参照...

『三田文學』136(冬季)号の“新同人雑誌評”欄で、『樹林』18年9月号(通巻644/通教部作品集)から春山武史さん(当時・大沢クラス)の小説「声」が取り上げられました。さらに新谷翔さん(夜・平野クラス)、西村郁子さん(夜間部チューター)のほかにも、『樹林』を含む各同人誌に発表した文校修了生5名の小説6編についても言及されています。

文校事務局で定期購読している『三田文學』19年冬季号(発売/慶應義塾大学出版会)が、きょう届きました。 その中の、14ページにおよぶ“新同人雑誌評”欄で取り上げら...

2019年、文校事務局が本格的に始動しました。

休みの間の、通教部提出作品、文校賞応募(明日1/10締切)、『樹林』在特号応募(1/19締切)、年賀状、各地からの同人雑誌の寄贈など郵便物は、たいへんな量でした。 通教部提出作品は20人ほどからとど...