文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

昨日、学生委員会主催の“文学集会2020【ビブリオバトル・オンライン打ち上げ】“無事終了。16名参加。


バタイユの本を掲げて熱弁をふるう野田仁さん(昼・大西クラス)。
その右隣りは、司会をつとめた《イベント部》キャップの岡﨑昌美さん(昼・夏当ク)。


文校教室に集った6名のメンバー。
前列のZoom画面の右が《新聞部》キャップのたてかわともこさん(夜・高田ク)、その横が岡﨑さん。
後列左から、新谷翔さん(夜・平野ク)、大型のポスターをはさんで学生委員長の南成彦さん(通・大沢ク)、《樹林・在特部》キャップの上田雄己さん(夜・高田ク)、野田さん。


ビブリオバトルをおえて、シャンパンで乾杯!
文校なじみの中華料理店からテイクアウトしてきた品々も並びました。

コロナのために大幅に規模を縮小せざるを得ませんでしたが、昨日(20日/日曜)午後4時から、学生委員会主催の文学集会が行なわれました。
文校教室に学生委員会を中心に6名集まり、Zoom参加の10名の在校生・修了生の皆さんともに、熱くビブリオバトルを繰り広げました。今回のビブリオバトルのテーマは<エロス>。16名のうち8名が、自分の一押しの1冊について、その中に込められているエロスについて、5分間ずつ熱っぽく語りかけました。そのご聴取者と、3分間の質疑応答。
みんなの投票の結果、優勝したのは、Zoom参加の織部ななさん(大津市/小説研究科休学中)で後日、学生委員会から図書券が進呈されます。
6時前に乾杯で始まったオンライン打ち上げは、教室とZoomの双方で盛り上がり、10時過ぎまで続いたそうです。

◎ぼくが文校夜間部に入学した1989年(10月入学。その3年後、事務局入り)には、既に“文学集会”は暮れにおこなわれていました。その後もずっと続いている“文学集会”の灯を今年絶やさなくてよかった、とつくづく思います。学生委員会の皆さんの尽力に感謝します。

(小原)

comments powered by Disqus