文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

祝☆キンミカさん(文校修了生)が第39回大阪女性文芸賞・佳作を受賞。◆海辺こゆびさん(夜・青木クラス)は最終候補作5作に、衣奈響子さん(通・石村クラス)は予選通過13作にのこる。

◎西宮市在住のキンミカさんが、小説「いつかはモクズ」で、第39回大阪女性文芸賞の佳作を受賞されました。同賞は、大阪女性文芸協会の主催で、今回は全国から249編の応募があり、その中から中沢けいさん、町田康さんによる最終選考で選ばれました。受賞作などが、来年2月末発行の同協会文芸誌『鐘』34号に掲載されます。
キンさんは、08年、10年にそれぞれ1年間、文校夜間部に在籍。第14回(20年度)神戸エルマール文学賞の佳作も受賞されています。

◎最終候補作5作に入りましたが、惜しくも受賞を逃した文校夜間部生・海辺こゆび(うみべ・こゆび)さんの小説タイトルは「私の家の話」(64枚)。和歌山市在住の海辺さんのもうひとつのペンネームは北上千隼(きたがみ・ちはや)で、『樹林』在特(11月)号の編集責任者であり、今秋期も大阪文学学校学生委員会の在特号キャプを務めています。

◎高槻市在住の文校通教部生・衣奈響子さんの小説「眇める」も、予選通過13作まで残りました。大阪女性文芸協会公式サイトで《第39回大阪女性文芸賞予選通過作品》をご覧ください。

◆文校関係者(修了生)の同賞の過去の受賞者(佳作はのぞく)は、岡本佳奈さん(37回)、久保訓子さん(35回)、飯田未和・現通教部チューター(34回)、芦原瑞祥さん(31回)、大西智子・現昼/夜間部チューター(26回)、吉澤薫さん(21回)、井上豊萠さん(19回)、山村睦さん(17回)、金真須美さん(12回)と9名にのぼります。

(小原)