文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

通教部提出作品は17名(速達・レターパックあわせて12、持参5)から《21年10月から、普通便の土曜配達はありません》。◆昨日までの既着分と合わせて12名のチューターへ速達で郵送します。


【写真】通教部各チューターへ発送される通教部生の作品の“山”。あわせて、「作品提出リスト」「過去の作品提出状況表」も同封。

通信教育部(12クラス・150名/うち新入生36名)は、きょうが23年春期第2回提出作品の、いちおうの締切日。
きょうは計17名から提出がありました。
11時20分にのぞいたビル1階の郵便受けに速達便(レターパックもふくむ)が7通入っていました。北九州市小倉南区、岡山市中区、和歌山県橋本市、奈良市、奈良県生駒市、名古屋市天白区、さいたま市中央区に住まいの通教生からのもの。
16時には、ビル3階の事務局まで郵便局の人が速達便5通を運んできました。沖縄県宮古島市、福岡市東区、鳥取県八頭郡、兵庫県高砂市、静岡県富士市の通教生からのもの。
また、作品を事務局へ持参してきた人がばらばらに5名いました。大阪3名、兵庫2名。

今日までに到着していないと、9/10(日)スクーリング合評会のテキストになる通教部作品集(『樹林』8・9月合併号)の掲載対象作品からははずれてしまいますが(クラスによってはまだ大丈夫なところもあります)、2週遅れの7/15(土)までに届けば担当チューターからのアドバイス批評および添削は受けられます。
そして、スクーリングの前日と当日午前にあるプレ・スクーリングにおいて、希望すれば自作品を合評してもらえます。

◎未提出の方、今からでも遅くはありません。あきらめないで、1日でも早く作品を提出してください。

◎きょうまでの到着作品をクラスごとにまとめました【写真】。1時間後には道頓堀に近い大阪南郵便局に出向いて、それらを通教部12名のチューターに速達で届けます。

◆7/10(月)には、春期2回目の夜・詩の連続講座(担当;冨上芳秀チューター)があります。それに向けた課題作品の提出締切は、きょうでした。14名から作品が届いていますので、それらをまとめて冨上チューター宅へ届けます。
作品を未提出の人も、7/10の講座には参加できます。在校生は無料です。

◆7/15(土)に行われる春期2回目の昼・詩の連続講座(担当;近藤久也講師)の課題作品の締切は、7/8(土)です。事務局まで郵送か持参で。

(小原)