文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

教室内に祭壇を設け佐々木鈴さんを供養。朝井まかてさんや通教部チューターなどから追悼文が次々に寄せられる。



≪教室内の祭壇≫


≪寄せられた追悼メッセージの一部≫

文校事務局員の佐々木鈴さんが急逝されてから今日で5日目。
ご家族によって葬儀が執り行われた13日(木)の夜10時半ごろ、当“大阪文学学校ブログ”で佐々木鈴さん(文校事務局員)の訃報を流して以降、花束やお菓子、ビール、タバコなどの供え物を事務局に持参する文校生や修了生が現れるようになりました。そこで急きょ、第2教室内に祭壇を設けました。遺影をつくってくれたのは新谷さん(夜・休学中)。今までに花束をとどけてくれたのは、平本さん(修了生)、夏当紀子・昼間部チューター、名倉さん(昼・島田c)、眞鍋さん(昼・休学中)、楠さん(夜・大西c)。
また、“追悼メッセージ”のメールも相次いでいます。春・秋の文校の入学開講式にいつも臨席される直木賞作家・朝井まかてさんをはじめ、通教部チューチューターからもいただいています。菅野美智子、平居謙、大沢綾子、川上明日夫(前)、美月麻希の5氏です。
在校生からも、“追悼”のメールをいただいています。青木さん(夜・松本c/長野)、田中さん(通・石村c)、琴森さん(通・平居c/沖縄)、中村さん(通・休学中)、川久保さん(通・美月c/愛媛)・・・・・・。

◆2時半ごろ、鈴さんのダンナさんが、彼女のセカンドバッグを持って事務局を訪ねてこられました。バッグの中に入っていた教室を開け閉めするカギなどを受け取りました。
二人の馴れ初めや、鈴さんが関東でタウン誌の編集に携わっていた時のこと、長岡京市に引っ越してきた時のことなど、いろいろ伺いました。鈴さんは、ダンナさんの実家がある東広島市のお墓で眠ることになるのだそうです。

(小原)