文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

『望星』(東海教育研究所・発行)9月号に、朝井まかてさんの縁で、大阪文学学校が登場!インタビューに小原政幸・文校事務局長が答える。


東海大学と関係のある月刊『望星』は、定価660円で大きな書店では文芸雑誌のコーナーに置かれています。


26頁から28ページにかけて、6月9日(金)に文校図書室でおこなわれた小原・文校事務局長へのインタビュー記事が載っています。その日、文校を訪ねてこられたのは、東京の『望星』編集部のYさんと大阪の歴史学者・髙島幸次さんでした。髙島さんは、9月号で表紙を飾っています。
27ページの左上の写真は、その日おこなわれていた昼間部・夏当紀子クラスの合評会風景です。24歳女性から80歳男性まで写っています。

『望星』誌上における【特集/大阪を生きる12人の物語】は、髙島幸次さんをホストに22年3月号からはじまり、今月の9月号が最終回でした。その第1回のゲストに招かれたのが、文校出身の直木賞作家・朝井まかてさんで、その時朝井さんは文校のことをだいぶ話してくれていました。
その縁で、今回のインタビューが実現した、と思われます。

22年3月5日の文校ブログに、『望星』22年3月号における髙島さんと朝井さんの対談の抜粋を載せてあります。