文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2021年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

“仕事納め”として、『樹林』12月号とともに、「文校ニュース」秋期第3号(12月24日号)を郵送しました!

【「文校ニュース」21年度秋期第3号(12月24日号)/12ページ立て】 「文校ニュース」秋期第3号(12月24日号)を、全国35都道府県の全文校生413名、文校チューター27名、『樹林』購...

本日公開!「詩時評(第25回)」(松本衆司執筆) ◆「小説同人誌評(第31回)」(細見和之執筆)、「詩同人誌評(第3回)」(中塚鞠子執筆)も公開中!

本日、「詩時評(第25回)」(松本衆司執筆)を公開しました。 『樹林』本誌上で2019年5月号(通巻652号)まで連載されていた「小説同人誌評」(細見和之執筆)と「詩時評〈詩集評〉」(松本衆司執...

今日正午、『樹林』秋期(12月)号が仕上がってきました。全在校生413名、チューター27名、『樹林』購読者35名、そのほか出版社・図書館などへの発送を午後4時過ぎに終えました。

【『樹林』秋期(12月)号・通巻678号/94ページ立て】 大部分は≪第3種郵便物≫として発送しましたが、一部は≪特約ゆうメール≫と≪レターパック≫を使いました。 『樹林』12月号を入れた...

学生委員会・在特部主催【樹林在特号についてオンライン説明会】

...

「図書新聞」12月4日号の“同人誌時評”欄で、加藤清三郎さん(文校夜間部・平野クラス)の小説「シャボン玉」が取り上げられる。ほかに、文校修了生の竹野滴さん、谷口俊哉さん、水無月うららさんの小説も。

毎土曜発行の「図書新聞」12月4日号の“同人誌時評”欄(評者;越田秀男)において、取り上げられた加藤清三郎さんの小説「シャボン玉」は、同人誌『てくる』第29号で発表されたものです。 また、文...

『民主文学』22年1月号の“支部誌・同人誌評”欄で、奥谷梅子さん(夜間部修了生)が同人誌『組香』6号に発表した小説「舷窓」が取り上げられる。

同人誌『組香(くみこう)』は、大阪文学学校の学生委員会で活動した人たちが中心メンバー。新谷翔さん(夜・平野クラス)、都圭晴さん(夜・高田クラス)、鵜川澄弘さん(通教部休学中/さいたま市在住)、...

11/26神戸新聞・文化面“同人誌”欄で、文校修了生・待鳥じゅらさん、同・森田哲司さん、佐々木国広・元文校チューターが、それぞれの所属同人誌で発表した小説が取り上げられています。

神戸新聞紙上で、評者の葉山ほずみさんによって取り上げられた修了生・待鳥じゅらさんの小説は、同人誌『組香(くみこう)』6号に掲載されている「森のなか」。 修了生・森田哲司さんの小説は、同人誌『...