文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

7/17~18夏季合宿“熊野三山総めぐり・新宮の旅2日間”の参加者は41名に! バスを借り切って文校から出発します。

学生委員会イベント部キャップの諸さやかさん(夜・平野クラス)によると、17日(日)・18日(月・海の日)の2022年文校夏季合宿“熊野三山・新宮”の参加者は41名にのぼるそうです。
毎年7月中旬に行う夏季合宿は最近、2015年・伊勢志摩(68名参加)、16年・奈良(41名)、17年・倉敷(43名)、18年・奈良(34名)、19年・奥琵琶湖(51名)という変遷をたどっています。
コロナにおおわれた20年と21年は、“泊りがけの合宿”は取りやめ、その代替として学生委員会が企画したのは、ハガキⅠ枚の詩・600字小説の“コンテスト&Zoom合評会”でした。2カ月延期して9月に行った20年の参加者は2日間で24名、いつもの7月に1日だけ行った21年の参加者は42名でした。どちらのときも、昼間・夜間・通教生にチューターも加わりました。
30年(ひょっとしたら40年)以上つづく“夏季合宿”の伝統を途絶えさせることはありませんでした。そして今回、コロナがまだくすぶってはいますが、3年ぶりに“泊りがけの合宿”を復活させることになりました。
ぼくが夜間部生をへて文校事務局にかかわっている間に33回“夏季合宿”があったのですが(2、3回不参加あり)、今回の“熊野三山・新宮”が一番の遠出になります。しかも、バスをチャーターするなんて前代未聞のことです。学生委員会のみなさんのアイディアと行動力に頭が下がります。

参加申込41名の中には、岡山、愛知、神奈川、東京などからの遠来組もいます。また、講師陣から中塚鞠子・昼間部チューターと塚田源秀・通教部チューター、事務局からぼくと佐々木鈴が参加します。

集合時間・場所、行程、持ち物などについては、6/17発行の「学生新聞コスモス」(通巻330号)で再確認してください。
もしものお問い合わせは、bunkogakusei@gmail.com まで。

(小原)