文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2019年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

クラスゼミ(組会)のあと、昼間部はお茶会、夜間部は飲み会。

今日(金曜)の昼間部は、本科・小説・夏当クラス(19名、うち新入生6名)のみ。 夜間部は、本科・小説・西井クラス(12名、うち新入生5名)と専科・小説・尼子クラス(17名)。 【写真・...

今日の通教部・提出作は11名から。昼・夜間部は4クラスで44名。●大阪府豊能郡の60代女性が昼間部へ入学。

今日、通教部の秋期第1回提出作品が、新入生も含めて11名から届きました。 作品の郵送に際して、封筒のおもてには必ず、通教部19年秋期第1回提出作品(最もつづめた形でも“通教部作品”)、と朱書きしてく...

台風接近のため、あした(12日/土曜)のクラスゼミは中止します。●午後1時~5時、事務局は開いています。

大型の台風19号が関西地方に接近しているため、あした12日(土)正午開始予定だった森口クラス(13名、うち新入生3名)と津木林クラス(16名)のゼミは中止になりました。両チューターと事務局で相談して決...

女性誌『ミセス』11月号・・・大西明子さん(昼間部生)長編小説『神戸モダンの女』が取り上げられています。

9月12日・文校ブログ参照。 ...

9/25毎日新聞(夕)“文芸時評”欄で、馳平啓樹さん(文校修了生)の小説集『かがやき』(水窓出版)が紹介される。

9月17日・文校ブログ参照。 ...

まだ秋期入学を受け付けています。組会(クラスゼミ)の見学もできます。●通教部提出作は9名から。

3日前に入学式を終えました。 新入生35名を迎え、在校生総数は330人を超えました。(ほかに休学生約70名) まだ入学を受け付けています。組会(クラスゼミ)の見学もできます。 入れるクラスは...

新刊紹介☆須永和子さん(昼間部生)小説集『梁(はり)太き家』

堺市の須永和子さんは、昼間部・研究科小説・錺クラスに在籍。 私家版の小説集『梁(はり)太き家』には、9編の短編が収められています。佐久間慶子・元文校チューターを中心とする同人誌「繋」で発表し...

今日から秋期の組会(クラスゼミ)がはじまりました!

1カ月余りの秋休みを経て今日から、昼間部、夜間部の各クラスが一斉にスタートしました。今秋期は、昼間部8、夜間部7、通教部10クラス、計25クラスの編成です。 昼間部では、研究科小説・錺クラス...

☆朗報★通教部生・南水梨絵さんの『樹林』通教部作品集に載った小説が、2019年下半期同人雑誌優秀作に選ばれ、『文學界』11月号に転載されています!

      〈文學界11月号の目次・2頁〉           〈樹林7月号の目次〉 〈文學界の掲載ページ〉 まさしく画期的な朗報です。 大阪府在住で現在、通教部専科小説1組に在籍...

【10/10NHKテレビ〈おはよう関西〉、関西エリアで再放送】方政雄さん(昼間部生)「文学学校で半生を小説に」

文校昼間部・葉山クラス生で、在日コリアン2世の方政雄(パン・ジョンウン)さんは、青春小説『ボクらの叛乱』を出版したことが機縁で、NHK神戸放送局のカメラ取材を何度か受けました。そのつながりで、8月末と...

☆祝・受賞★中西智佐乃さん(大阪文学学校修了生)、第51回新潮新人賞。

文校修了生・中西智佐乃(なかにし・ちさの)さんが第51回新潮新人賞を受賞した小説「尾を喰う蛇」は、230枚にのぼります。応募総数1972篇の中から選ばれています。 【画像】は、今日全国の本屋に並...

2019年度秋期の入学開講式。

大阪文学学校はきょう、秋期の入学開講式を迎えました。 本日時点で昼間部12名、夜間部14名、通教部9名で計35名の方が入学されました。 【まだ入学は受け付けています!】 午後2時からの式ではまず...

大阪文学学校2代目校長・長谷川龍生さん追悼・・・◎9/20日経新聞(夕)「追想録」 ◎10/7毎日新聞(朝)「悼む」

上の10/7毎日新聞(朝)は、細見和之・現校長(2代目)の寄稿。 下の9/20日経新聞(夕)は、細見和之・現校長のインタビュー。 ●大阪文学学校主催の「長谷川龍生さんを偲ぶ会」は、11...

今日3名入学。明日(6日/日曜)の入学開講式の準備は万端ととのう。まだ入学できます。

大阪文学学校の2019年度秋期入学開講式は明日・6日。 今秋の新入生のほかに、本科後期生(半年前入学)、専科生(2年目)、研究科生・学友(3年目以上)をあわせると、只今の在校生総数は330名に迫...

文校出身の歴史小説家・木下昌輝さんが、≪[第8回カクカタル]小説家×講談師が織りなす“即興”“創作”“実演”ライブ”≫に出演【10/26(土) 北浜の国登録有形文化財「青山ビル」】

   文校修了生の作家・木下昌輝さんが、講談師の玉田玉秀斎さんと組んで催している参加型イベント「カクカタル」の第8回目が、10月26日(土)16時から[開場15:30]あります。北浜の国登録有形文化...

祝☆芦原瑞祥さん(文校修了生)、「第2回ビーズログ小説大賞」の現代部門特別賞を受賞!

ビーズログ小説大賞は、KADOKAWAが主催し、エンターテインメント小説(80~130枚)が対象。今回、応募総数は558本でした。 現代部門特別賞(大賞、優秀賞がなくて、部門の実質1席)を受賞した芦...

9/28東京新聞(夕)・・・細見和之・大阪文学学校校長の詩が載っています。

※ 9/28東京新聞(夕)で細見・文校校長の詩が載っている紙面のコピーをメールで送ってくれたのは、文校通教部修了生で横浜市在住の安藤さん。大阪では目にする機会のない東京新聞に載った文校関係者の...

大阪文学協会の理事会開かれる。

新学期を前にして、大阪文学学校の運営母体である一般社団法人・大阪文学協会の理事会が、夜6時45分から9時40分まで、文校の一室でもたれました。出席は、葉山郁生代表理事、細見和之校長、山田兼士、中塚鞠子...

沖縄県から通教部・小説クラスへ入学。

通教部へ入学された沖縄の方は、60代女性。 オンラインで届いた入学申込書には、【短編の基礎を学び、文章力を鍛えたい】と抱負が記されていました。 影響を受けた作家・作品は【遠藤周作(沈黙) 石牟礼...

大阪文学学校入学の決心がつきかねている皆さんへ

『入学案内書』を請求されたり、あるいは一日体験入学に来校されたりしたということは、書きたいという衝動にかられたり、書くことに賭けてみようという気持ちになられているのだと思います。今回は見送って、来年4...