文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2020年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

2020年度秋期・入学開講式は10月11日(日)午後2時から、規模縮小・時間短縮して挙行します。

大阪文学学校の運営母体である一般社団法人・大阪文学協会(葉山郁生・代表理事)は各理事の間で、きたる10月11日(日)に予定している「2020年度秋期・入学開講式」について意見を交換し、次のように決めま...

今夕(9/30)朝日新聞に“文校・秋期生募集”の記事 ◆今秋、松山市から2人目の通教部新入生

上のような短信が、今夕・9月30日(水)の朝日新聞・文化面<2面>に載っています。文校の“募集記事”の掲載、ありがとうございました。 ◆今日、愛媛県松山市から封書で入学申込書がとどきまし...

【大阪文学学校学生委員会】のオンラインイベント<第7回(10/3)><第8回(10/17)>

pdf版はこちらをクリックしてください。 <第6回>は、9月19日に、ひっそりと(7人で)芥川賞2作品読書会を開催しています。 (小原)...

3回目の体験入学に昼・夜あわせて9名参加(うち2名はZoomから) ●夜の部終了後、30代前半・女性が入学。

大阪文学学校へ入学を検討されている方を対象とした一日体験入学(オープンキャンパス)。今日はその3回目。昼の部(佐伯敏光チューター)の参加は1名のみでしたが、夜の部(西村郁子チューター)には予約より...

予定通り明日(29日/火曜)、第3回“体験入学”(オープンキャンパス)をおこないます。昼の部(2時~)、夜の部(6時30分~)。

あした午後2時から、文学学校への入学を検討されている方々を対象とした、今秋3回目の“1日体験入学”をおこないます。 昼の部は2時開始、夜の部は6時30分開始で、それぞれ2時間ほどです。 あしたの講...

図書室内に“フルカラー”の印刷機を導入。丁合(ソート)、ホッチキス留(ステープル)も自動化。

図書室内に試験的に導入し様子をみていた印刷機を、きょう正式にリース契約しました。・・・・リース代は、格段に跳ね上がりましたが。 今までの印刷機は、黒と緑の2色刷りでした。これからは“フルカラー”...

25日(金)、『修了証書』を48名に郵送。

この9月で大阪文学学校を修了される方は、本科(1年間)、専科(2年間)、研究科(4年間)あわせて59名でした。 とても楽しみにしていた修了生には申し訳ありませんでしたが、9月20日(日)に予...

2回目の体験入学(昼の部)。大阪、京都、奈良、和歌山から7名参加、うち3名入学。オンラインでも岡山から49歳男性が通教部へ入学。

きょう昼2時からおこなわれた2回目の体験入学の担当は、大西智子チューターでした。 参加者は、はじめて文学学校にやって来た5名+1年前にも体験に来た(そのときは入学の決心がつかず)1名+50年以上...

今朝(26日)の朝日新聞・全国版の社会面・・・今野和代さん・永澤幸治さんの詩集、神山睦美さんの詩評論書に第22回小野十三郎賞

大阪文学学校発行の文芸誌『樹林』12月(秋期)号で、第22回小野十三郎賞の各受賞者(三氏)の「受賞の言葉」や詩部門・詩評論書部門それぞれの選評(六氏)を掲載します。 ...

第22回小野十三郎賞(詩集部門、詩評論書部門)きまる。

7月10日をもって締め切った第22回小野十三郎賞には、詩集122冊、詩評論書16冊が全国各地(北海道から沖縄まで)から応募がありました。前回(第21回)から詩集部門と詩評論書部門に分けて選考し、各々に...

あした(26日/土曜日)の秋期2回目の“体験入学”、お気軽にどうぞ。

あした(26日)は、今秋2回目の一日体験入学(オープンキャンパス)です。 昼の部のみで、午後2時から4時までを予定しています。講師は、土曜日の昼間部・小説クラスを担当されている大西智子チューターです...

秋期1回目の体験入学(昼)に2名 ◆空白県だった栃木県から通教部へ新入生

大阪文学学校へ入学を希望されている方を対象とした一日体験入学(オープンキャンパス)がはじまりました。今日は昼の部<Pm2~4>のみで、中塚鞠子チューターが担当。 参加者は2名で、大阪府八尾市と奈...

9/23朝日新聞(夕)・・・朝井まかてさん(文校修了生で直木賞作家)の森鷗外の末子を描いた長編『類』(集英社/1900円+税/500頁)が取り上げられる。

9月1日文校ブログ参照 ...

9/21~22リモート合宿の報告・・・学生委員会より

夏期合宿に代わるイベントとして学生委員会主催で、「ローマ合宿」と銘打って、はがき一枚の詩・600字小説コンテストおよびオンライン合評会を、詩の部が9月21日14時30分から、小説の部が22日14時30...

新人賞をめざす29歳女性が昼間部に入学。◆たとえ少人数でも、明日24日(木)からの“一日体験入学”はおこないます。

オンラインで、大阪府泉佐野市の29歳女性から昼間部・小説クラスへ入学の申込がありました。その入学申込書には、次のように記載されていました。 【もともと本を読むのが好きで、3年前から小説を書き新人賞に...

速報! 『樹林』在特号掲載作品決定・・・学生委員会より

  ...

「後悔しないために」と、40代女性が昼間部へ入学。●『入学案内書』を請求いただいていた270名の皆さんへ、ハガキを出しました。●24日(木)が1回目の体験入学。

   2019年1月以降に『入学案内書』を請求されて、いまだ入学に至っていない方々270名に昨晩、上のような案内ハガキ〈左;オモテ面 右;ウラ面〉を投函しました。公開講座など文学学校が催した公開...

吾妻千聖さん(通教部・美月クラス/22歳)、書籍デビュー。『少女と海』(つむぎ書房)

大阪市の吾妻千聖(あづま・ちせい)さんは、この4月に文校の通教部へ入学されています。 最近発売されたばかりの『少女と海』(つむぎ書房/1,600円+税)には、ショートショート19作品が収録さ...

秋期15人目の新入生は、大阪市の37歳男性。通教部・小説クラスへ。

きょう入学された37歳男性も、きのうの28歳男性同様、「入学申込書」の中の“入学のきっかけや書きたいテーマなど”欄に、自分の文学(文章)遍歴をびっしり書いてくれました。大阪文学学校への期待は並大抵のも...

新入生2名。和歌山市・28歳男性が昼間部へ、神奈川県・30代女性は通教部へ。

きょう、秋期新入生が2名誕生しました。 ◆昼間部・小説クラスへ入学希望の和歌山市の28歳男性からオンラインでとどいた「入学申込書」の中の“入学のきっかけや書きたいテーマなど”欄には、いっぱい書か...