文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2020年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

大西智子・昼間部チューターが、『小説宝石』8・9合併号に“著者新刊エッセイ”を掲載。

大西智子・文校チューターが、最近刊行した長編小説『ふるえるからだ』(光文社/1,800円+税)について執筆動機などを、『小説宝石』8・9合併号の“光文社から生まれた本/著者新刊エッセイ”欄に書...

7/28毎日新聞(夕)・・・朝井まかてさん(文校修了生で直木賞作家)の新刊『輪舞曲(ロンド)』が取り上げられる!

朝井まかてさんの新刊『輪舞曲(ロンド)』(新潮社)は、7/4東京新聞(朝)でも取り上げられており、7月9日文校ブログで紹介しています。 『輪舞曲(ロンド)』については、4月24日文校ブロ...

【大阪文学学校学生委員会】の8/1オンラインイベント<第3回>

...

『樹林』在特号、応募締め切る。小説部門に27編、エッセイ部門に11編、詩部門に24編。

朝井まかてさん(直木賞受賞)や木下昌輝さん(直木賞に3度ノミネート)、馳平啓樹さん(文學界新人賞受賞)、藤岡陽子さん(『小説すばる』で連載中)もかつて載ったことがあり、応募から選考・編集まですべて学生...

8/13公演「被爆75年目の夏 祈りを込めて」において、浅井歌音さん(昼・大西クラス生)の原作・脚本が朗読される。前売りチケット販売中。

   公演名   シターで奏でる美しき日本の四季   ~被爆75年目の夏 祈りを込めて~ 公演概要   日時  2020年8月13日(木)        ①15:00~ ②19:0...

渡辺真理子さん(文校修了生)の朝日新聞「ひととき」欄に掲載されたエッセイが再び大きく取り上げられる!

渡辺真理子さんのペンネームは、渡利真(わたり・まこと)。 2008年10月に大阪文学学校へ入学し、今年3月まで昼間部と通教部に11年半在籍。『樹林』12年5月号に載った「五体不満足は大満足」...

『樹林』20年11月号(在校生作品特集号)の選考委員/作品の応募締切迫る!

●《大阪文学学校学生委員会・在特部》よりお知らせ● 「樹林」在校生作品特集号は、募集、選考、発送までの全過程を学生委員会が独自で行うものです。その11月号に向けて、選考委員と作品を募集しています...

田口ランディさんの7/11特別講座、YouTubeで限定公開中!

7/11(土)に開催された、田口ランディさん(作家)をお招きしての特別講座の模様を、YouTubeで【限定公開】しています。 視聴を希望される方は、名前、住所、所属クラス(在校生の場合)を明記のうえ...

今夜、大阪文学協会の定例理事会開かれる。

6時から8時すぎまで、文校の一室で一般社団法人・大阪文学協会(大阪文学学校の運営母体)の定例理事会がもたれました。出席は、細見和之(文校校長)、中塚鞠子、津木林洋、平野千景、小原政幸(文校事務局長)の...

秋期4人目の新入生は、27歳女性。1年間の学費に上乗せして、明晩から小説・西村クラスに参加。

きょうオンラインで入学申込書をとどけてくれた西宮市の27歳女性は今までに、昼・夜の3クラスのゼミを見学し、7/11の特別講座(ゲスト;田口ランディさん)にも参加されていました。 どうしてもすぐ始めた...

昼・詩の連続講座に18名出席

春期2回目の昼・詩の連続講座[担当;中塚鞠子チューター]は、3時から5時半までおこなわれました。18名参加(うち作品提出者16名全員出席)。 8月29日(土)にもたれる3回目の担当は、高田文月チ...

秋期(10月開講)新入生、3人目。通教部・エッセイ/ノンフィクションクラスへ。

10月11日(日)に入学開講式を予定している20年度秋期生として、3人目の入学がありました。 京都府城陽市の60代女性で、通信教育部のエッセイ/ノンフィクションクラスに入られます。 オンラインでと...

新刊紹介☆藤岡陽子さん(大阪文学学校修了生)長編小説『跳べ、暁(あかつき)!』(ポプラ社/1,600円+税)

【7/12朝日新聞(朝)・ポプラ社の広告より】 京都府在住の藤岡陽子さんは、1999年に大阪文学学校夜間部クラス、2006年に昼間部クラスにそれぞれ1年間在籍されています。06年、「結い言」...

新刊紹介☆大西智子・昼間部チューターの長編小説『ふるえるからだ』<光文社/1,800円+税>

東大阪市の大西智子さんは、2000年10月から1年間、再入学した03年10月から4年間、大阪文学学校夜間部に在籍。16年4月から文学学校通教部チューター、この春からは昼間部に移り、本科小説クラ...

【大阪文学学校学生委員会】のオンラインイベント

...

辻花ひろさん(文校修了生/94歳)の第1回 「文芸思潮」 短歌賞の優秀賞受賞作が雑誌に載る!

辻花ひろ(本名;相田澄子)さんは、2000年代に7年間、文校昼間部に在籍。 第1回 「文芸思潮」 短歌賞の優秀賞受賞作の載った『文芸思潮』20年夏号を送りとどけていただきました。優秀賞ですが...

新刊紹介☆木本和美さん(昼間部生)短編集『着物の詩(うた)』〔第1集〕

奈良市の木本和美さんは、2018年4月文校昼間部入学で、佐伯クラス2年間を経て現在、研究科・小説・葉山クラスに在籍中。 私家版の短編集『着物の詩(うた)』〔第1集〕(455円+税)には12編...

夜・詩の連続講座に9名出席。◎次回の公開講座は、18日(土)15時から昼・詩の連続講座。

冨上芳秀チューターが担当する公開・詩の連続講座(春期2回目)は、今夜6時30分から、9名の出席でおこなわれました。あらかじめの作品提出は10名で、うち8名が出席。 コロナ感染対策として、教室の真ん中...

【急募】あさって(11日)の田口ランディさん(作家)をお招きしての特別講座に、空席が出ました。先着7名が、文校教室で参加できます。

7月11日(土)PM4:00~    特別講座〔講演(90分)/質疑応答(30分)〕 大阪文学学校教室  参加50名限定 《ゲスト》田口ランディ(作家) 《演題》表現にとって重要な3つのス...

作品未提出の通教生のみなさんへ。

今春期2回目の作品をまだ提出していない通教生61名の方へ、今夜、激励のハガキを投函します。 以下のような文面です。         *  コロナ禍にくわえ、蒸し暑い日が続きますが、お元気でしょう...