文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー

月別アーカイブ

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

津木林洋チューターが、「大阪日日新聞」で、大阪文学学校や小説を書く魅力について書きました。

昼間部と夜間部を掛け持ちしている津木林チューターが、大阪日日新聞の読者参加コラム『澪標(みおつくし)』に、5月からほぼ毎月一回エッセイを載せていました。【お知らせするのが遅くなり、すみません】 ...

昨日の朝日新聞・夕刊・・・11/21第17回小野賞贈呈式

11月24日文校ブログ参照。...

【12/3神戸新聞】11月14日、文校有志の“憲法を守れ!”集会に約50名。

...

《特別企画》文芸評論家・神山睦美さんの講演会に59名。うち文校生35名。

埼玉から神山睦美さんをお招きしての《特別企画》が午後4時半から、文校教室でおこなわれました。 神山さんの講演は、【いま、文学でしかできないテーマ探しとは何か】というテーマで、詩の話から漱石や...

12日(土)午後~13日(日)午前 《プレ・スクーリング》

通教部のプレ・スクーリングでは、『樹林』1月号(通教部作品集)に載らなかった作品を合評します。 今日現在、小説組に25名、詩・エッセイ組に12名が参加予定。 その37名(担当のチューターの方6...

《特別企画》 明後日(5日・土曜)、文芸評論家・神山睦美さんの講演

埼玉から神山睦美さんをお招きしての《特別企画》は、5日(土)午後4時半から、文校教室でおこないます。 講演タイトルは、【いま、文学でしかできないテーマ探しとは何か】。〈案内・司会〉は、葉山郁生チュー...

《ご案内》トークイベント//川崎彰彦さんの思い出

川崎彰彦さんは、かつて文校の名物チューターでした。 宇多滋樹さんは、かつて文校で生徒、その後事務局員でした。 (小原)...

今秋55人目の新入生。

今日、昼間部・小説クラス(水)へ入学されたのは、大阪市の31歳の女性。...

秋期54人目の新入生。

今日の昼、本科小説・佐伯敏光クラスを見学された堺市の50代女性が、ゼミ終了後、入学を申し込まれました。 入学申込書によると、「過去にいた(私)を書き、子・孫(まだいないけれど)に伝え残したい」とのこ...

通教部生に『樹林』1月号を発送! クラス別「名簿」出来ました。

午後7時頃、南郵便局の方に、『樹林』1月号(通教部作品集)を取りに来てもらいました。 明後日までには、全国の通教部生173名のほとんどの皆さんに届くと思います。 1月号は、12月13日(日)通教部...

先週、お二人の入学がありました。秋期新入生は、計53名に。

豊中市の30歳女性が、夜間部小説クラス(水曜)へ。 大津市の30代女性が、昼間部小説クラス(土曜)へ。 中途入学になりますので、学費は2万円割引いて、10万円いただきました。 (小原)...

島本理生さんの特別講座に、90名。

特別講座のあと、島本さんもいっしょに“すかんぽ”へ。 (小原)...

12/20(日)文学集会のご案内。模擬店の前売券発売開始!《学生委員会より》

今年最後で最大の文校イベント、学生委員会主催の「文学集会」は、12月20日(日)午後2時からおこなわれます。知人や家族連れ歓迎! 例年、およそ130名が集います! ただいま、各クラスから模擬店の...

11/24神戸新聞で、通教部・苗村吉昭チューターの詩集『夢中夢』が取り上げられる。

評者は、細見和之・文校校長。 苗村チューターの詩集『夢中夢』は、編集工房ノア刊で、文校事務局でも販売中。定価(1800円+税)の100円引き。 10/20文校ブログ参照。 (小原)...

修了生・木下昌輝さんの時代小説『宇喜多の捨て嫁』が4つ目の受賞。舟橋聖一文学賞。

1年前に直木賞候補になった木下昌輝さんの『宇喜多の捨て嫁』(文藝春秋 刊)が、第2回高校生直木賞、第4回歴史時代作家クラブ賞新人賞につづいて、第9回舟橋聖一文学賞にも選ばれました。ひとつの単行本で...

いよいよ明日(土)公開・特別講座。島本理生さんが来校・講演。

明日(28日)午後4時から文校教室で、東京から作家の島本理生さんをお招きしての特別講座があります。 聞き手は、葉山郁生チューター。講演タイトルは「小説の中の恋愛と異性」。 木戸銭は、在校生500円...

今日現在の新入生〈課題ハガキ〉提出は35名。まだ受け付けます。

今日が締切だった新入生〈課題ハガキ〉を提出された方は、秋の全新入生51名中35名。 最終的な締切を少々延ばしますので、まだ提出していない方は、11/12文校ブログを参照して、急いでください。 最初...

22日(日)樹林・在特号の合評会に30名。

22日(日曜)午後2時から、学生委員会主催で在特号(樹林11月号)の合評会が行なわれました。掲載作者、選考委員、新入生など30名が文校教室で熱い議論を繰り広げたとのことです。 詩・エッセイ部門に10...

第17回小野賞贈呈式、盛大におこなわれる。

21日(土)午後1時40分から4時50分まで、第17回小野十三郎賞の贈呈式が中塚鞠子チューターの司会で、中之島フェスティバルタワー12階のアサコムホールにおいて、約90名の出席で盛大におこ...

11、12月の公開講座などの日程――合同クラスで『樹林』合評会週間。

作品が取り上げられる作者は、できるだけ参加してください。 24日からの週に限り、在校生は『樹林』合評をするクラスに無料参加できます。休学生1000円。...