文校ブログ

ブログメニュー
カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
年別アーカイブ

月別アーカイブ

2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

今夜、大阪文学協会の定例理事会が開かれました。理事7名(教室3名+Zoom4名)全員出席。◆別室では、秋期第6回・学生委員会に11名(教室6名+Zoom5名)。

午後6時40分から9時30分まで、文校の一教室で一般社団法人・大阪文学協会(大阪文学学校の運営母体)の定例理事会がもたれました。 教室出席は、平野千景、美月麻希、小原政幸(文校事務局長)の3名の理事...

『樹林』在特号、応募締め切る。小説部門に33編、エッセイ部門に14編、詩部門に16名23編。

朝井まかてさん(直木賞受賞/文校特別アドバイザー)や木下昌輝さん(直木賞に3度ノミネート)、馳平啓樹さん(文學界新人賞受賞)、藤岡陽子さん(京都本大賞受賞)らも文校在籍時に載ったことがあり、応募から選...

祝★片岡美登里さん(文校昼間部・伊藤クラス在籍中)が、第11回「泉大津市オリアム随筆(エッセイ)賞」の優秀賞を受賞!

大阪市の片岡美登里(かたおか・みどり)さんは、2020年4月に大阪文学学校昼間部へ入学し、夏当紀子クラスを経て現在、伊藤宏クラスに在籍中。 「泉大津市オリアム随筆(エッセイ)賞」は、繊維のまち・大阪...

祝☆平石蛹さん(文校修了生/25歳)が第57回北日本文学賞・選奨を受賞。文校関係者で選奨(第2席)受賞は2018年以降では、4人目!

2019年10月から1年間、大阪文学学校夜間部・西井クラスに在籍されていた平石蛹(ひらいし・さなぎ)さんの小説「渦の底から」が、宮本輝氏選「第57回北日本文学賞」(主催;北日本新聞社)の選奨に選ばれま...

昨夕(1/11)の朝日新聞・・・文校の大先輩・田辺聖子さん(19年6月、91歳で逝去)の小説『私的生活』が取り上げられる。

上の朝日新聞の記事の中にあるNHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」の再放送をみて、大阪文学学校の存在を知り入学してきた人が昨年、鳥取、鹿児島などから5名ほどいました。 ◆2019年6月6...

《2023年度春期入学3人目》神戸市の71歳男性が、通教部/エッセイ・ノンフィクション(音谷)クラスへ。

冬休み前に入学手続きをされた奈良県大和郡山市の29歳男性(夜間部へ)、東京都江東区の61歳男性(通教部へ)に次いで、3人目の23年春期(4月9日開講)の新入生がオンラインで誕生しました。 神戸市の7...

『樹林』在特(6月)号応募の締切は、14日(土)午後3時厳守。

『樹林』在特(6月)号への応募は、14日(土)午後3時まで、ぜったい厳守とのことです。土曜日は、郵便は速達しか配達されなくなっていますので、ご注意のほどを。 文校持ち込みも、同じく午後3時までです。...

冬休み明け昼・夜間部組会(クラスゼミ)スタート! 4クラスとも、対面合評に加えてZoomを活用。

予定どおり、今日から冬休み明けのクラスゼミが開始され、昼間部の本科・小説/佐伯クラスが2023年最初のゼミ(作品合評会)にのぞみました。クラス員15名中、教室出席14名、Zoom参加1名でした...

22年12/30神戸新聞・文化面“同人誌”欄で、森園哲也さん(通教部・飯田c)と藤本あずささん(昼間部・島田c)がそれぞれの所属同人誌で発表した小説が取り上げられる!◆12/30付同紙で2名、11/25付同紙で1名、文校修了生の小説も。

《22年12月30日付神戸新聞・文化面“同人誌”欄》 森園哲也さん(通教部研究科)の所属同人誌は『飢餓祭』、藤本あずささん(昼間部研究科)の所属同人誌は『黄色い潜水艦』。どちらにも、文校チュータ...

昨年12/26毎日新聞(夕刊)・関西版・・・戸田栄・金沢支局長が再び、小原政幸・大阪文学学校事務局長にスポットを当ててくれました。

戸田さんが最初、小原・文校事務局長の若い頃を記事にしたのは、昨年12/16毎日新聞の北陸版。12月20日・文校ブログ参照。 ...

コロナにめげず、2023年、文校事務局が始動! 冬休み明け昼・夜間部組会は1月10日(火)から。 

冬休みの間の、通教部提出作品、文校賞応募(1/10締切)、『樹林』在特号応募(1/14締切)、1/14昼・詩の連続講座の作品、年賀状、各地から同人雑誌の寄贈など郵便物は、たいへんな量でした。メールは、...

昨日(24日・土曜)、“仕事納め”として、「文校ニュース」秋期第3号を郵送しました!

【「文校ニュース」22年度秋期第3号(12月23日号)/14ページ立て】 昨日午後2時過ぎ、「文校ニュース」秋期第3号を、全国37都道府県の全文校生412名、文校チューター30名に郵送しまし...

《2023年度春期入学2人目》東京都江東区の61歳男性が、通教部/エッセイ・ノンフィクション(菅野)クラスへ。

一昨日の29歳男性(奈良県)につづいて、今日も23年春期(4月9日開 講)の新入生が誕生しました。 東京の61歳男性で、2013年4月~15年3月の2年間、通教部の詩・エッセイクラスに在籍されてい...

《2023年度春期入学第1号》奈良県の29歳男性が夜間部・小説クラスへ。

早くも、来年4月開講の<23年春期生>が誕生しました! 大学生だった20歳過ぎに、夜間部・小説クラスに2年間(13年4月~15年3月)在籍していた29歳の青年が夜間部にカムバックしてきます。 オン...

昨日の午後、『樹林』秋期(12月)号が仕上がってきました。今日にかけて、2クラスをのぞく全在校生、全チューター、出版社・図書館などへ発送しました。

【『樹林』秋期(12月)号・通巻688号/176ページ立て】 表紙は目次並みに、作品や文章が載っている方を全員網羅してあります。 編集や文学学校の行事スケジュールの関係で、23年1月号(通...

12/16毎日新聞・北陸版・・・小原政幸・大阪文学学校事務局長の若い頃が記事になりました。

...

昨日(日曜)、今日(月曜)を合わせた通教部作品提出は、千葉県匝瑳市などから5名。

千葉県匝瑳市のほかの4名の居住地は、横浜市、京都府向日市、姫路市、岡山市。 5名の方の作品は、最終集荷に間にあうように、各チューターあてのポスト投函を済ませました。 ◆提出まだの人は急いでくだ...

昨日(18日)の文学集会に8つの模擬店が出、約90人が参加。“詩のボクシング”初代チャンピョンに、福迫泰平くん(昼・夏当クラス)。

昨日(日曜)は、文校の学園祭であり忘年会でもある文学集会でした。3年ぶりに各クラスから模擬店が出て、コロナ前に近づくほどのにぎわいを見せました。参加者は、友人や家族もふくめて約90名【コロナ前は約13...

通教部提出作品は17名(速達・レターパックあわせて12、持参5)から届く。昨日までの既着分と合わせて各チューターへ速達で郵送。

【写真】通教部各チューターへ発送される通教部生の作品の“山”。あわせて、「作品提出リスト」「過去の作品提出状況表」も同封。 通信教育部(12クラス・155名/うち新入生22名)は、きょうが2...

あした(18日)午後2時から、学生委員会主催の文学集会。文化祭であり、忘年会も兼ねる。みんな、集まれ!

明日(日)の文学集会【第1部】の“詩のボクシング”のリングを設営しました。16時前にクラスゼミを終え、正月前のクラス打ち上げのため中華店に向かおうとしていた津木林クラスの石川さん【写真;左】と...